ID非公開

2023/11/26 18:14

1111回答

入門機とか中級機とか高級機とかプロ機とか。カメラの世界のカースト制度に意味はありますか。写真の腕じゃなくて機材を買う財力で決まっているようですね。

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。勉強になりました。

お礼日時:2023/12/2 13:02

その他の回答(10件)

そのカメラを買うと自分がカメラのキャラになれるって子供っぽい妄想を抱いてるのですねw

もしそんな制度があるのなら、しょーもない質問してる時点で身分低いよ。

どの様な商品を選んで良いか分からない場合には参考になるのでは。 耐久性や機能など高性能な商品ほど高額になるのは小学生でも分かる道理です。

「入門」「中級」「高級」…何て言うから問題になるだけで 「安いの」「中くらいの」「高いの」でいいのでは…価格差は耐久性に現れるので

全く見当違いですね。高いものほど操作性が良く多機能なので撮影者の表現意図を反映させやすい、また、耐久性が高く悪コンディションでも撮影ができるということ。スマホやコンデジでは露出補正すら画面から目を離してポチポチと指先で小さなボタンやタッチパネルを操作しないといけないが、上位機種だとファインダーを覗いたままできる操作が多い。寒冷地で手袋をした状態での操作もやりやすい。 ただ全てのユーザーが機材の金額に見合った技量の持ち主かどうかは疑問が残りますがね。最上位機種の一眼レフをもった爺さんが保持する手を震わせながら連写するのをみたことがある。重くて手が震えるなら軽いやつにしてはどうかと・・・