パトレイバーの世界観って好きだったんですが、あれ以上、広がらなかった最大の理由ってなんですか? 個人的には押井守さんの最初の劇場版のシリアス路線も好きでした。

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(13件)

クソつまらない映像しか作れない押井守が後から参入したくせに好き勝手やらかして、世界観をボロボロにした上でヘッドギアの面々からやる気を奪ったから。 もうちょっと「人の褌で相撲を取らせてもらってる」自覚を持った方がいい。

現在の日常生活に「人型作業機械」が普通になっていたら。という設定なので、おもしろかったですね。 PKFや自衛隊機という設定、多国籍企業による新型機開発、土木工事用を使った犯罪、など「ありそう」でしたから。 でも、私は「ゆうきまさみ」のノリが一番好きで、押井守系のノリはあまり好きではありませんでした。 物語はまだ展開できると思いますよ。「OBSOLETE」のような紛争ものもできそうですが。

だって あのお話は 主人公 ●「泉野明」と 98式AV ●「イングラム」との ●「大恋愛」を 描いた作品ですので ・・・ 新型機が導入されて (※「零式」や「ピースメーカー」) ●「98式」が 退役すれば 必然的に ●「終了」となる お話です。

画像

コンテンツの持ち主の違いだと思います。 ガンダムやマクロスは金が稼げるとなれば、スポンサーなんかの意向で設定をいじってでも、売れるように作ります。 しかし、パトレイバーはゆうき氏らが企画を立ち上げたもので、金のために作ってたと言うよりはクリエイターが作りたいものを作ってた感があります。 だから、やるだけのことをやったら、終わったと思います。 金のためにコンテンツを継続させる力が働きにくかったのかと