ID非公開

2023/11/26 21:26

44回答

歴史に関する質問です。 水戸黄門を見ていて、「天下の副将軍」などと出て来ますが、実際には、光圀は水戸藩主であって、副将軍でもないし、全国各地の大名らがひれ伏すような立場でも無かったように思います。

日本史71閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(3件)

以下はよく聞くまちがいです。 ・源氏でないと征夷大将軍になれない。 ・江戸時代の奉行所、代官所、大名の藩邸には表札が出ていた。 ・頼朝、尊氏、家康は自分達の作った組織を幕府と呼んでいた。 ・源氏と平氏は武士、藤原氏は公家。 ・「源平合戦」は源氏と平氏の戦いだった。 ・足利尊氏は足利の荘に住んでいた。 ・平安時代中頃には公地はなくなって全部荘園になっていた。 ・太陽暦よりも旧暦の方が農業に向いている。 ・笠地蔵のお地蔵さんたちが大晦日の夜におじいさんに贈り物を持ってくるのが明るい月明かりの下で見えた。

有名なのは小説坂本龍馬の実績と誕生日。 織田信長三段撃ち、鉄甲船。 全て小説。 古くは日本書紀古事記の神話部分。

・源義経は美青年のイメージが強いが、実際 にはブサメンだった。 ・宮本武蔵と巌流島で決闘した佐々木小次郎 は、若き美青年剣士ではなく60過ぎたヨボ ヨボ老人だった。 ・暴れん坊将軍は暴れん坊ではなかった。 ・遠山の金さんは、彫り物はあったが桜吹雪 ではなく、刃を咥えた女の生首の図柄で、お 白州で脱いだりはしていない。 ・新選組の土方歳三の本職は、実家で作って いた「石田散薬」と言う薬の行商だった。