下剋上球児で、あの絶望的な状況から、どうやって南雲が監督に復帰できたのかということが、あの番組最大の「見どころ」だったと思うのですが、 あれでいいのですか?

ドラマ1,018閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(7件)

ID非公開

2023/12/4 0:15

無免許はさすがにやりすぎ設定でしたね。 地元に、とある球技で何十回も全国行ってる県立高校があるんですけど 監督教師が25年も異動もなくずっと監督だったんです 南雲のような外部監督じゃなくて公立高校教諭です 自宅を合宿所にして、ものすごい気が強い奥さん(地元では名物人物)が寮母みたいにしてました 地元ではなんで異動ないんだろうねって言われてました 一教師が生徒を家に泊めてることも制度的によくわかりませんでした もちろん、合わずに辞める子もかなりいました。 高校スポーツって一般人からしたら闇だらけだなってことが このドラマでまた浮き彫りになった気はします。

彼の罪は、自分のミスで教員免許を取れない事態に陥ったのに、それを偽造してまで教員になって、やっぱり罪の意識に苛まれたから辞めたいと思っても校長が慰留するから辞められなかったと自分に言い訳して教師をやり続けて、被害者(資格の無い者に授業を受けた生徒たち)を悪戯に増やすとか、余りにも無責任で自分勝手で家族を含めて周りの大切な人達を騙し続けていたのに不起訴で済んで、また監督をやりたいなんて許される訳ない。 なにより、子供達の為に教師になったのではなく、私利私欲の為に不正をして教師になり、結果的に生徒にも迷惑をかけて、人柄が良くて良い先生だから許してあげて欲しいと嘆願書にサインする前に、人柄が良くて良い先生ならば、そもそも不正なんかしないし騙して授業なんか受けさせないわと呆れるくらいです。 人を騙して給料もらって(詐欺師)教師を騙る人間に、人を教える(監督する)資格など無い。 オレオレ詐欺をやってた大学生に自分の子供の家庭教師をさせる親がいますか?

最大の「見どころ」とは思いません。 「下剋上球児」ですから、ダメダメな高校生たちと周囲の大人たちがどのように成長していくかを見せるドラマなので。 南雲の嘘ばれから執行猶予まで、ほぼほぼ想定どおりでした。嘆願書がもうちょっと大きく扱われるかと思ったけど。 みなさん、採点が辛すぎませんか。 日本のドラマはたった10回かそこらで色々と見せないといけないんだから、見逃してあげてください。 ほかの回答で「一勝したら監督復帰」があり得ないとありますが、個人的には生瀬さん(横田前監督)が野球を知らなかったことのほうが衝撃だったんですがw 「失敗した人間の背中、いつまでも蹴り続けて楽しいですか」 あの台詞は良かった! 黒木さんと鈴木さんの演技、毎回、いいなぁと思ってみてます!

良くはないでしょうね。あれだけ無茶苦茶な脚本と演出で、それなりの視聴率が取れてしまうのが不思議。所詮、野球を知らない女性中心のドラマ作りであることが問題。全ての設定が間違っている。「一勝したら監督復帰」という部員との約束が、そもそもナンセンスの極み。そんなことは有り得ない。部員が監督を決めることなど絶対に有り得ないこと。部員に決定権があったら監督などやっていられない。 公立も私立も、野球部の維持には寄付金が欠かせないということをドラマ制作陣が知らないのでしょうね。軟式に比べてかなり高額になる用具代、環境設備(トレーニングルーム、夜間練習設備)の維持費など、学校当局が出す部費では到底賄えず、従って、たいていの野球部というものは、野球部OB会が集めてくれる寄付金に依存している。よって、野球部に対して一番発言力があるのが、各地域の審判団にもスタッフ(嘱託審判員)をたくさん出している各校のOB会。このOB会に監督を決定する権利がある。校長はそれを追認するだけ。OB会の推薦監督を校長が拒否したら、寄付金が途絶えるので野球部は存続できなくなる。南雲が監督復帰したら、寄付金が途絶えて、廃部状態になる。因みに、グランド建設をしてくれた犬塚樹生(小日向文世)がOB会の立ち位置にいる人物にも見えますが、この人物は「野球部OB会」の人間ではない。単に、犬塚翔(中沢元紀)の祖父だっただけの人物という設定。 いずれにせよ、寄付金が集まらないと、二年前のキャプテン、日沖誠(菅生新樹)が一人で練習している状況に戻ってしまう。あの状況は、寄付金が集まらない故に、高額用具が揃えられず、そして、グランド設備もままならない状況を表しているはずで、要は、野球部として成り立たないことの説明描写でなくてはならなかった。幽霊部員の問題として片付けてはいけなかった、と思う。

校長先生に挨拶行ってないとか ありえないなって思いました。 卒業単位が足りないとか、教員の書類偽造のとき 夫婦げんかでもありましたが、 なんで私に言わないの?っていうセリフもあったように、 何が重要なのかわかってないのかなって思いました。 優先順位がわからないのか、そのままなし崩しに できるとおもってるのか、ああいう性格なら 犯罪するかもって思いましたが、 途中にあった不遇の子供時代の話は何だったんだろう? あんなふうに育ったからこんな大人になるのも しかたないよってことでしょうか? まぁ、最後まで見ますが・・・。

まぁ、最後まで見ますが・・・。 そう言うしかないですよね。鈴木君が爽やかに演じているので、いい感じになっていますが、行動を個別に分析すると、クズとは言いませんが、結構非常識です。