ID非表示

2023/11/28 10:47

44回答

山口敬之氏と伊藤詩織氏のトラブルについて 世間を騒がせたお二人ですが、最終的には 刑事で山口氏は嫌疑不十分の不起訴 民事で伊藤詩織氏の勝訴、山口氏の一部認容 ということだったと思います

補足

答えは一つしかないものに二つの判断が下され さらにマスメディアの力で選びたい方を選ばれた 裁判というゲーム、報道というゲームによって 何か真実が蔑ろにされている そんな違和感を覚えますね

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(3件)

この二人、 ひょっとして まだ付き合ってるの?

実は矛盾はしていないんです。 加害行為があった事は民事裁判に提出された数々の証拠証言から一審二審の判決からあったと判定されたわけですから、そう見做すのはおかしな話ではありません。ただし、山口氏に加害の意思があったかどうかは民事裁判の判決からは明らかではありません。それでも相手に被害を及ぼしたのだから、損害賠償はしなければなりませんしそういう判決になっています。 一方で、刑事事件としては検察が嫌疑不十分として扱っています。すなわち加害する意思を以て(その意思がない場合は刑事では裁けません)加害したかどうかは分からないという扱いです。決して山口氏の潔白が保証されたわけではありません。 以上から考えれば、加害行為があったものとして報道は別におかしくありませんし、伊藤さんを偽被害者の如くに詰る一部のネット書き込みは名誉棄損ですね。 無論、山口氏を「犯罪者」と扱ってはいけないのは「疑わしきは被告人の有利に」という刑事事件の原則からも当然です。

山口氏は権力者のお友達でした。警察の現場が逮捕状を取ってあとは逮捕するだけという段階だったのを、上層部が圧力をかけて止めさせたのです。止めたのが確か現警察庁トップか、それに近い人物だったと思います。 ジ○ニー喜多川氏と同じですね。国家権力が忖度して見逃していただけ。 山口氏は正常な司法であれば、間違いなく犯罪者です。残念ながら日本でも「権力者が介入して法を歪めている」それが現実という事です。