大至急 フルートについて 高校生です 通学中にフルートを持ち運んでいました

補足

フルート大好きです愛してますだから落としてしまったのほんとに悔しいです リュック下におけよって感じなんですけど今日は四人席に座っていたのでリュック置くスペースもなく仕方なくリュックの上に置いてしまいました...

楽器全般 | 吹奏楽794閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(7件)

フルートを愛しているという言葉が嘘でないのであれば、 親に土下座でも、何らかの交換条件の約束でもして 点検費用、修理費用を出してもらうように話をつけて、 なるべく早く点検を依頼してください。 何か不具合があった場合、 点検を先延ばしにすればするほど、 二次的なトラブルを引き起こして 余計な修理費が必要となる可能性も 有ります。 能天気に楽観的な見方しかしていない回答者さんもいらっしゃるようですが、 電車の座席に座った状態で、フルートケースを膝の上に抱えたリュックの上から床面まで落としたとなると、 50〜80cmの高さからの落下となるかとおもいます。 一般的なフルートケースは、傷つき防止のための布地を挟んで木枠でフルートをケースの中に固定するので、 フルートケースに加わった衝撃力はほぼそのままフルートに伝わります。 また、フルートの固定が甘くて中でフルートが動いてしまう場合はフルートがケース内部で移動してケース内壁にぶつかる衝撃がさらに加わります。 どちらの衝撃力もケース内部に低反発ウレタンフォーム等の衝撃吸収材を仕込んでいない限りほぼ緩和されません。 フルートケースをケースカバーに入れていて、 ケースカバーに多少のクッション材があったとしても、 50〜80cmの高さからの落下となると、 ケース内部のフルート本体には ケースカバー無しで落下した場合とほぼ同等 の衝撃が加わっていてもおかしくありません。 ボア素材、スポンジ、エアークッション(いわゆるプチプチ)レベルのクッション材では数cmレベルの落下衝撃の吸収が限界と考えて下さい。 厚さ1cm以上のソルボセインやメモリーフォームといった低反発ウレタンフォームを衝撃吸収材として内臓しているケースであればもう少し高くても大丈夫だと思いますが、それでも50〜80cmの落下となると安心出来ません。 (フルートケースの中に固定されているのが、10個入りの鶏卵パックくらい繊細なものと考えて下さい) 実際に落下によりフルートに不具合が発生するかどうかは ・どのような向きで床に当たったか ・リュックの上から床に直接落ちたか、途中で足等に当たって減速して落ちたか により結果が変わりますが。 見た感じでダメージがわからない場合でも、 落下した時の向きによっては キーポストの微妙な変形などにより、 キーの動きが悪化していたり、 タンポによるトーンホールの密閉性が損なわれていて、 キー操作に余計な力が必要となっている可能性があります。 また、頭部管と本管、本管と足部管の接続部が歪んで 接続が緩くなっていたり、キツくなっている可能性も考えられます。 更に、吹いてみて特に違和感等感じない場合でも、 落下時の衝撃によるキーメカニズムの歪みを原因とした異常摩耗が発生して、修理が必要な範囲が拡大したり、修正不可能ながたつきが残ってしまうリスクはゼロではありません。 フルートのキーメカニズムのパーツ間の隙間は髪の毛1本の太さ分あるかないかの非常に小さなものです。 見た目でわからないような歪みでもキーオイルの油膜を破って金属同士が接種して摩耗を促進させてしまう事が有ります。 取り返しのつかないダメージを蓄積してしまう前に、 試奏での確認結果に関わらず、 なるべく早く点検を依頼し、 専門の技術者に修理の要否を判定してもらいましょう。

大学1年生です。中学と高校では吹奏楽部でした。いまは大学生たちのアマチュア・オーケストラでフルートをしています。 ************************************************ ご質問の件、まず、ケースの状態はどうですか。 落としてしまったケース自体が歪んだり壊れたりしていれば、フルートも壊れているでしょうね。 そのケースというのがフルート購入時の附属ケースの場合、ケース自体に歪みなどがなくて大丈夫なら、原則フルートも大丈夫なハズです。 そのケースというのがフルート購入時の附属ケースではなくて、別の会社が製造しているフルートケースなら、ケースが歪んでいなくてもフルートはどこか壊れたかもしれません。 どちらの場合であっても、まずはフルートの外観やキーメカニズムの動きなどをひととおりよく見てください。 キーの動きが重くなったり、戻りが遅くなったりしていませんか? もしも万が一、そういう現象があれば、シャフト(キーメカニズムの軸、芯金)やポスト(キーメカニズムを管体に取り付ける小さな柱)が曲がってしまっている可能性があって、そこまま使い続けると、メカニズムが摩擦で磨り減ってガタついてしまうので、あまりいじらずに修理に出さないといけません。 外観やメカニズムに問題がなさそうなら、実際に吹いてみて、いつもと変わった感じもなくて問題なければ、別段、大騒ぎするほどのことではなくて、あなた自身の気持ちをどう収めるかの話になります。 つまり楽器奏者としての心の問題ですね。 ですから、ご自分のフルートを吹いてみて問題なくて、それでも気持ちが収まらずに、親にムダ金せびって大慌てで点検に出すなら、言葉は悪いですが、ただの愚かな●カ娘としか言いようがないと思いますよ(笑) 先週土曜日の点検って、いったい何? それも、楽器には何の問題もなくて、ただ単にあなたの気持ちを納得させるだけの点検だったかもしれません。そうやって点検点検って大騒ぎして、いったい何を点検するのかなって思いますよ。 ほんとに。 あなたがヘンテコリンなのはまだあって、ご自分のフルートを吹いてみて問題あったのか、問題なかったのか、いちばん大事なことをあなたは何も書いていませんね。 どういうこと? ちょっとどうかしてますよ、あなた。 更に言えば、この件は大至急でもありません。 なぜなら、まず楽器を吹いてみて問題なければ必ずしも点検に出す必要はないし、気持ちの面からどうしても点検に出すとしても大至急と言って慌てるような緊急性はどこにもないし、もしも残念なことにフルートが壊れていれば、修理にはそれなりの日数がかかるのだから、今ここで大至急と慌てたところでどうにもならないからです。 要するに、非常に奇妙な質問の仕方をしているのであって、今のあなたは明らかに冷静な判断能力を失っているわけです。 楽器だけでなく、あなたご自身の心の点検もしたほうがいいのかも知れないなって思ったものですから。 以上です。 【補足を読んで】 > フルート大好きです愛してます > だから落としてしまったのほんとに悔しいです あ~、こういうのがいちばんダメですね。 楽器への愛なんてくだらないです(笑) そういう、お花畑な発想が冷静な判断力を失わせてしまうんですよ。 愛だの悔しいだの、そういうおバカな感情などはイヌも喰いません。 親の金をムダ使いしないためにも、冷静に判断する努力をご自分に義務付けることです。 以上です。

今すぐにでも点検に出した方がいいですよね...? →そうですね♪ 季節の変わり目ぐらいにいつも点検するんですけど、高いお金は毎回母が出してくれてます、こんな短い期間に点検代2回くれるとも思いません(;;) バイトも禁止だしお小遣いも毎日の昼ごはん代に使ってしまっているのでちょっと厳しいです...どうすればいいですかね... →どうすれなって、、、、先ず2択です。 修理に出すか、修理に出さないか。 次に修理に出す場合は保護者にお願いする。 単純明快だと思いますが? まぁ、取り敢えずは試奏でははないですか?

十中八九狂ってると思いますが、仕方ないです。 不注意な人のフルートはたいていいつも狂ってます。 吹いて大丈夫そうならそのまま使うしか。 高校生なら肩掛けタイプでバッテン掛けを守ってください。。 もちろん公衆トイレに行く時もぜったいに離さないようにするのが鉄則です

こんにちは 持ち運び方を考えましょうね!(^^; σ(^^;は大きめのリュックにクラリネットとフルートをケースカバーごと入れているので、リュックを落とさない限り、落としません。 文章では、リュックの上下で悔やんでいるようですが、フルートケースカバーのショルダーベルトを体に掛けておけば起きなかった事故ではありませんか? ショルダーベルトを外して安全策を捨てた瞬間に対策を考えておくべきでしたねm(__)m