ID非公開

2023/11/29 6:32

44回答

家光が同性愛者だったのでしたっけ? 同性婚は考えなかったのでしょうか。寵愛できればそれだけでOKだったのでしょうか。

補足

無類の男色嗜好。徳川3代将軍「徳川家光」の性癖と寵愛され出世した2人の重臣【前編】 徳川3代将軍「徳川家光(とくがわいえみつ)」は、男色家であったことが知られている。 今回は、家光との男色関係をきっかけとして出世に成功したといわれる2人の重臣をご紹介する。 (中略) 歴代の徳川将軍の中にも男色家は多く、中でも3代将軍・家光の男色好みは群を抜いていたとされる。若年時の家光は女性にまったく興味を示さなかった。 地位の高い武士や大名にはお付きの家臣があり、中でも身近に控え身辺の世話をする「小姓(こしょう)」と男色関係に発展する事例が多いとされた時代にあって、家光も例外ではなく、気に入った小姓と男色関係にあった。 1616年には60名以上の少年が小姓として家光家臣団を形成しており、家光と男色関係にあったことが伺える。 2ページ目 男色嗜好が「大奥」誕生のきっかけ? https://mag.japaaan.com/archives/143491/amp

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(3件)

ID非表示

2023/11/29 7:52

衆道と言って僧侶と武士の間で流行っていた嗜みです。 家光が衆道していたという資料はないですが、当時は割と当たり前だったので衆道していた可能性は高いです。 ただここ最近10年くらい?は結婚の意味を拡大解釈して本来の目的がわからなくなってきている人をよく見かけます。 将軍が同性婚とか色々ツッコミどころ満載の内容です。

何のために将軍が男と婚約する必要があるの?