回答受付が終了しました

ID非公開

2023/11/29 19:46

77回答

発達障害の人は高IQ、高学歴の人、サヴァンが多い印象ですが、実際そうですか?(そうでない人に比べて比率的に)

心理学 | 発達障害458閲覧

1人が共感しています

回答(7件)

自分の彼女達を見ると、高学歴、高IQ(160台)ですが、ADHDでしょう・・・ その他、ビルゲイツなどの成功者を見ても、比率的にも高いと思います

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

実際には発達障害の天才はかなり少数で、大多数はそうではない人ばかりだと思います。 ただアインシュタインやビルゲイツなどといった歴史に名を残すほどの偉業を成し遂げた偉人のほとんどは、現代であればASDやADHDなどの発達障害と診断されていたであろう人たちなので、発達障害者は健常者に比べて天才が多いといえると思います。

発達障害にも、色々ありますが、 「アスペルガー症候群」 このアスペルガー症候群には、天才が多いことは事実です。 なぜなら「アスペルガー」とは、天才医師の名前なのです。 天才医師ハンス・アスペルガー博士。 この天才博士の名前を受け継いだ者が「アスペルガー症候群」なのです。

画像

東大生の30%が「アスペルガー症候群」であることが明らかになった。 東京大学学生相談ネットワーク本部は、このように述べている。 「東京大学が多くのアスペルガーを抱えているのは事実です」 国立成育医療研究センター発達心理科医長の 宮尾益知氏は、このように述べた。 「東京大学は、アスペルガーの子が集まりやすい大学だと思います。 なぜなら、アスペルガーの人は、記憶力に優れているので、 勉強がよくできます。 アスペルガーの人は映像で覚えてしまうからです」 https://www.j-cast.com/2016/02/04257610.html?p=all

そんな人は、それほどいないでしょう。 知的障害もある発達障害者も結構いますから、天才的な人はかなり少ないと思われます。 ちなみに、うちの義父は間違いなく知的障害もある発達障害で、夫も同じとここ数年で明確になりました。 発達障害者に天才が多いなんて絶対に無いです。