松平忠輝は大坂夏の陣で、追い抜いた秀忠の家来を斬ったとされます。 追い抜きは切り捨てご免だったと聞きますが 秀忠の家来はどうして決死の覚悟がいるような行動に出たのでしょうか?

日本史167閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ありがとうございます。 切り捨て上等の血気盛んな武士だったのかもしれませんね。 ちなみに、松平忠輝は絵も描いており、私は松平忠輝の絵に大変影響されました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま、ありがとうございました。

お礼日時:2023/12/3 21:54

その他の回答(2件)

こんばんは 徳川秀忠は関ケ原の戦いで、遅参により実際の戦いに間に合わず家康に 叱責を受けています。 大坂夏の陣はその名誉回復する機会と思い、秀忠の家臣は切られるのを 覚悟で追い抜きして主君に尽くそうとしたのではないか?と思います。

ありがとうございます。 関ヶ原の吉川を思い出しました。 後続は斬られるかもしれないので、動くに動けなかったのかもしれませんね。 徳川秀忠の家臣は、切り捨て上等の血気盛んな武士だったということでしょうか。

その時代の武士は常に命を捧げられる覚悟を持っていたため、「追い抜き」のような行為には罪悪感がなく、名誉のために行動します。また、合戦の最中では混乱が起き、計画通りに行動できないこともしばしばです。 ※この回答はOpenAIのGPT-4で作成されており、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。

新機能

AI回答機能(GPT-4版)テスト実施中

詳しくはこちらから