回答受付が終了しました

可愛い女性や女キャラを見ると「キモい」という男の子(小学生)を頻繁に見かけるのですが、これはどういう心理ですか。

心理学 | 小学校520閲覧

回答(12件)

それは成人男性向け「可愛い」が少年向け「可愛い」ではないからです。 根本的に現代の女性キャラ(やそれに類する評価を得る可愛い女性)は、成人男性が好む要素を特化強調した容姿になっています。その中には成人一般が好む要素も多く含まれています。即ち、少年達が特に好まない部分が強調されているので異質に見える=キモいのです。 それに加えて、経験の「割合の」差も大きな影響を与えていることを忘れない方が良いと思います。少年と成人との間には、経験の差があります。ですがその経験には偏りがあるのです。 興味を持って観察したことのある人間女性の人数と、見たことのある作品(やCM)に登場したことのある女性キャラの人数と、の差です。 どちらも当然ながら成人の方が多いわけですが、その比率が問題です。少年が学校で否応無しに仲良くさせられる人数が年に四十人ぐらい強制で居ます。それが毎年クラス替えされるのです。その半分が人間女性です。では成人男性はどうかと言うと、それは高校生ぐらいまでで、大学以降は人数がぐっと減るでしょう。それでも女性キャラの方は減りません。むしろ本を買ったり独り暮らししてチャンネル独占、スマホも回線の太いのを自費で払ってみたい物を見放題、なんてなれば女性キャラの方はむしろ増えていることでしょう。それだけ女性キャラの方が見慣れていきます。そしてそういったターゲットに向けて女性キャラの外見は供給側によって特化されていくのです。 その結果少年にとっては、日々の生活に重要なクラスメイト達(中には一緒に遊びたいと思っている少女とかもいるでしょう)と比較して相対的に重要度の低い(そしてあまり興味も無く見慣れてもいない)女性キャラは、その異質性が際立って見えるのです。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

~小学高学年男子は、まだ男性ホルモンが成熟していないからです。 じっさい、私が小学6年生の時は、同学年の女の子がブラニャーとかを つけてくるのが気持ち悪かったです 当時興味があったのは、女の子でなく昆虫とかプラモデルでした。 男の子が異性を意識しだすのは中2位で、女の子より3年程遅れます。 中2になってから小学校の卒業アルバムで同級生の女の子の写真を見て あの子、実は可愛かったんだぁ~、なんて思いました。

「可愛い」って認めるのは勇気がいります。「キモい」ってイキってる方が楽だしかっこいいと思っている、そんなお年頃なのです。

・本当はそんな風には思ってないが、周りに合わせている。 ・そもそも言葉を知らない。 上記どちらか、または両方。 自分の意見/思いってないのか?と言いたくなる。

内心では素敵だと思っているけれど、それを表に出すとからかわれるから、きもいと言ってごまかしているのだと思います。