中学校の英語の授業で日本人の先生が"Good morning!"と挨拶。 (今は知りませんが、昔はそんな先生が結構いました。) その授業の時間にたまたま雨が降っていたりすると、

英語 | 中学校165閲覧

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

先生が"Bad morning!"なんて言うと、 生徒はそれが使えるんだと勘違いしませんでしょうか? 人間ですから、つまらない冗談を言うのは仕方ないでしょうが、 誤解を招く冗談は避けるべきではないでしょうか? (ちょっと知識があれば避けられる。) 誤解を招く冗談が英語教育に影響を与えてしまうのは考えものです。 昔、高校の時、英語の授業に遅れて来た生徒がいました。 その生徒は教室に入るなり、先生の所にまっすぐ行き、いきなり "I'm late."と言いました。 先生はその生徒を「すばらしい!」と褒めちぎりました。 こういうのが誤解を招きます。 こういう状況では"I'm sorry."と言うのが常識じゃないですか? または"I'm sorry, I'm late."とか。 そんなことを言わなくても、いくら英語の授業でも、 「遅れてすみません」と日本語で言うのがエチケットですよ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

長い間お付き合いいただき、誠にありがとうございます!

お礼日時:2023/12/3 23:03

その他の回答(4件)

面白い面白く無いじゃなく、英語に慣れるって事なんでしょう。 逆に昔の方が文法にこだわった教育で会話なんか無視でしたよ。だから実用的に英語使える人が育たない。 子供の中学では文法についての解説はあんまり無く、とにかく会話。英語に慣れる。で教育してます。 カタコト英語で文法めちゃくちゃでも伝わればいいんですって。 それで中3時点で英検準2級をほぼ全員が取るって言うんだから、昔の教育よりは良くなってるのかなとは思う。 (全国平均は中3で英検3級が5割)

朝の挨拶でクソみたいな朝だな、お前らも。って言いました。 そしたら、お前の方がクソみたいだよって言われて終わりました。 多分考えすぎなくても、フィーリングでどうにかなります笑

そういうつまらない冗談(座が白ける冗談)を英語では「unamusing joke」と言います。

世の中にはしょーもない事を言う先生もいるものです。 ですが、先生もしょーもない生徒について愚痴りたい時が山ほどあると思いますよ。 大した給料ももらえず残業させられて高い理想を要求される。 これでモチベーションを保てる人はなかなかいません。 だから我慢しろと言うわけではありません。良い解決法が見つかったら是非とも政治家や社会に訴えてください。