回答(2件)

このフランス語の語源には「見る/mirer」があって、行為の結果とか状態を表す[ 「-age」がそれに合体して「(あるように)見えるモノ≒蜃気楼」としてできたもののようです。ご先祖が同じ親戚関係ではありますが、語源としては鏡とは無関係だと思います。 鏡/miroirもこの系統上にある単語で、先にあるのはやはり「見る」です。そして鏡にはla glaceという単語もよく使われます

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ラテン語のmirare(見る、反射する)が由来という説があり、鏡のmirrorもmirareが語源なので一応関係はあるようです。