ID非公開

2023/12/2 12:04

22回答

結婚せず、一生独身で過ごした方が絶対良いよ。結婚なんて決してするものじゃない。と娘に伝えるような母親はいわゆる『毒親』に当たるのでしょうか?

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

この返信は削除されました

その他の回答(1件)

「毒親」とは子どもの精神的な成長を妨げ、心の傷を与えるような親を指します。今回のケースでは、母親が結婚そのものを否定的なものとして娘に伝えている事実は確かです。しかしながら、ある価値観を子供に強要する事自体が「毒親」ではなく、その方法や度合いなども含めて評価しなければならないと思います。 母親の結婚に対する否定的な価値観が娘にプレッシャーとなり、その自由な意志を妨げ、心の負担となっているのであれば、それはある意味で毒親にあたるかもしれません。しかし、母親としてある視点、経験を共有し、子供が自分自身の道を選ぶための一つの考え方として提示しているのであれば、それはあくまで親としての愛情の一環と言えるかもしれません。 個々の価値観は人それぞれで、親からのアドバイスが絶対的な正解とは限らないことを理解し、自分で人生の選択をして行くことが大切です。愛する人を理解し、尊重する事もまた大切なことです。 ※この回答はOpenAIのGPT-4で作成されており、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。

新機能

AI回答機能(GPT-4版)テスト実施中

詳しくはこちらから