ID非公開

2023/12/3 0:59

44回答

小学4年生の子どもが剣道を始めて半年経ちます。 週二回の稽古と自宅では素振りをしています。

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(3件)

週二の稽古で半年の経験では、本来は試合ができる技量は備えていないと思われます。 道場の事情もあるでしょうが、個人的には好ましいとは思いません。 本人も訳が分からず竹刀を振り回しているだけの状態でしょう。 現状の「引き分け」なんて、素人のイモ試合で勝負として成立していないだけの話です。 評価に値しません。 小学生が週二の稽古ペースでは、剣道具を着けて対人稽古ができるようになるまで早くて半年以上、試合が成立するまで1年以上が妥当な所かと思います。 そのうえ試合で有効打突が打てるようになるには更に1年、人によっては数年掛かってもおかしくはありません。 なお、家庭での自主練は意気込みとしては素晴らしいのですが、「正しい理屈」を承知したうえで実行しないと、逆効果になることが多いです。 必ず指導者の助言を得たうえで行うようにしてください。

まあ、相手のあることですからね。簡単じゃないですよ。 小学生の剣道で大事なのは「声を出す」「積極的に前へ出る」「一本ずつをしっかり決めに行く」ということです。 作戦は「ガンガンいこうぜ」です。 どのくらいで一本取れるようになるか、なんて分かりませんよ。お子さんが成長するぶんだけ、周りも成長するんだから。 でも、お子さんが剣道を楽しんで、頑張るぞという気持ちを持って稽古してれば絶対伸びますよ。 私は大人組で、現在四段ですが始めて10年弱、1本も取ったことないですよ。

ID非公開

2023/12/3 8:28

実際の動きを見て無いので判断は難しいですが 前に出て自分から打っていけば そのうちに旗は上がると思います 私の経験からすると 週二回の練習は少ない方だと思います また、素振りはフォームの修正なので 振ったからといって一本とれるのでなく 打つ迄の間合いの取り方、タイミング、 相手の動きを観る経験を積む事で 試合の流れを自分に引き込めると思います 勝率を上げる為には 打ち込み台(タイヤ)を使っての練習をする とにかく、実践経験が圧倒的に少ないので 指導者に話をしてから 出稽古、錬成会に参加する事です あと、数ヶ月で高学年になり 相手のレベルは上がりますが 本人が楽しく剣道の練習をしているなら それで良いと思います 勝って欲しい気持ちは皆、同じです 勝ち負けは指導者に任せておけば良いです それより、負けても陰で頑張っている姿を 見守り応援してあげて欲しいです

この返信は削除されました