中世ヨーロッパの歴史を見ると結構な割合で国王や領主クラスでも子がいなかったり早死にで断絶したりで王朝が変わったり周辺領主に所領が吸収されるケースが多いです。

世界史42閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(3件)

まだ中世の段階だと、裕福な生活を送っているはずの王侯貴族ですら、子供がけっこうな率で若死にしたからです。 たとえば、13世紀のイングランド王エドワード1世の場合、最初の王妃であるエリナーとの間に16人もの子を儲けていますが、うち成人したのは6人、男子は末子のエドワードの1人だけで、彼がエドワード2世として後継者になっています。

キリスト教圏は嫡出子じゃないと相続権がないのでリスクが高かった。正妻が子供産まなきゃそれまでなので。

いいえ、必ずしも異常ではありません。ご指摘の通り、中世ヨーロッパでは多くの王朝や領主家が後継者問題で断絶することがありました。これは当時の医療技術の未発達や、戦争や疫病による早死に、さらには王族間の政略結婚による遺伝的な問題など、様々な理由によるものです。とくに子供の高い死亡率は大きな要因でした。 ※この回答はOpenAIのGPT-4で作成されており、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。

新機能

AI回答機能(GPT-4版)テスト実施中

詳しくはこちらから