ID非公開

2023/12/3 23:43

77回答

北陸新幹線の金沢ー敦賀間が2024年3月16日に延伸開業します。その場合でも敦賀ー東京間は、安くて早い東海道回りが圧倒的に多いままだろうと思っていました。

鉄道ファン | 鉄道、列車、駅306閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ID非公開

質問者2023/12/4 23:08

なるほど!

その他の回答(6件)

恐らく流行りのチケットレスなどで敦賀東京間は結構安い値段になると思います。しかも宣伝しまくってますから東海道経由を使う人は少なくなるでしょう。旅行会社も間違いなく北陸経由でパックを発売するでしょうし。

もちろんそうお考えの方も一定の割合でいらっしゃるでしょうし、東京と敦賀の間を「環状線一周」して移動する人も、少なくとも現在よりは多くなるかもしれません。 ただしどちらに転ぶにせよ、東京と敦賀の間を往来する人などごく少数で、日本の運輸体系が劇的に変化するようなことが起きるわけではありません。

JR西日本からすると、北陸新幹線敦賀開業は東海道新幹線から客を奪うのもひとつの目的です。 だから正規運賃は高いですが、e5489利用やトクトクきっぷを発売して、東海道新幹線利用より安くします。 現在ある、東海道新幹線利用の東京往復割引きっぷは廃止されるはずです。

私は昔から 一筆書きルートで 移動してますよ 安いですから。

今でもそういう一回りの旅行良くしますよ。同じルートを単純に往復しても面白くないです。 例えば上野ー長野ー松本ー南小谷ー糸魚川ー富山ー名古屋ー東京ー上野。 目的は「リゾートビューふるさと」と「特急ひだ」乗車でした。 東京から仙台へ行くのも行きは新幹線、帰りは常磐線とか。 ただし乗車券は一周ではないですね。「トクだ値」とか「EX早特」とかの割引切符をつなげて一周します。