ID非公開

2023/12/4 21:30

77回答

最近、創価学会に入会したものです。 半信半疑で1日2時間の題目(南無妙法蓮華経)を上げて今日で2週間になります。

補足

回答は創価学会員に限定させて頂きます。

宗教4,364閲覧

7人が共感しています

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ID非公開

質問者2023/12/7 1:49

そうですね。 本当に不思議な言葉です。 みんなやればいいのにと思いますが、自分も否定的だったのでなかなか難しいですね。 ありがとうございます。

その他の回答(6件)

私の紹介で入会された青年も同じようなことを言われています。 入会3ヶ月後の体験談 「私はお題目を唱えるのが楽しくて楽しくて仕方ありません、お題目が終わってしまうのが勿体ない位です、、 お題目を唱えると元気が出ます、やる気が出て何でも前向きに考えるようになりました、、」 と話されていました。 この青年は入会前は創価学会を全否定されてた人物です。 昔の学会員はよく話していた言葉は、 「このリンゴは食べてみないと分からない」……と 反学会の人は食べてもいないのに不味いと評価しているのです。

ID非公開

質問者2023/12/7 1:47

まさにおっしゃる通りですね! ありがとうございます。  これからも精進します!

おそらく貴方は南無妙法蓮華経じゃなくても毎日が楽しく感じていたはずです。 なぜなら南無妙法蓮華経を 口に出してもなんの効力もないからです。それに気づかないだけ幸せなのです。

ID非公開

質問者2023/12/5 15:56

効果がなかったらこれだけ多くの人がやりませんよ。 あなたもやればわかります。

御書に、金はやけば 弥色まさり 剣はとげば 弥利くなる 法華経の 功徳は ほむれば 弥 功徳まさる とありますので御本尊の素晴らしさを語ればいいと思います。

ID非公開

質問者2023/12/5 12:51

御書は、まだまだこれからですが回答ありがとうごさいます。

そうなのです。仏法の極意=体得・体験しないと解らないのです。 理論・仏法哲学を幾ら勉強しても体得出来るものではありません。 だからこそ、創価学会員はとても多いですが、皆、信心修行に励んでいるのです。 相対的幸福=他者や他のものと比較対象し、優越感の幸福=刹那的で瞬間的です。エゴも含みます。 絶対的幸福=第二代戸田城聖会長の解説「汲めども尽きぬ、心の底から湧き上がる充実感・幸福感」と仰せです。 *言葉・理論では説明出来ません。

ID非公開

質問者2023/12/5 12:56

やはり説明できませんか! 自分もそう思います。 ありがとうごさいます。

素晴らしいですね! 初信の功徳でしょうか・・ こればっかりは口で説明してもなかなか伝わらないことだと思います。 難信難解の法ですから、頑張ってください。

ID非公開

質問者2023/12/5 12:58

なるほど! 初信の功徳なんですね! 頑張ります! ありがとうごさいます。