回答受付が終了しました

ID非公開

2023/12/4 21:37

77回答

ひらがなの「ぬ」が廃止になることが決まりましたが、かなり困りますよね? たぬきはどうなってしまうんでしょう? ぬりえが趣味の子どもはどうすれば? ぬるぬるは今後どう表現しますか?

3人が共感しています

回答(7件)

寂しいですね。個人的に1番困るのは、 ピタゴラスイッチの長寿コーナー 「め」か「ぬ」かが事実上がめ一択になり 「けは」「ねわ」「ろる」達に頑張って貰うしか無くなる事ですかね そういえばうちの母は「縫うことが得意になるように」とぬから始まる珍しい名前なので生活に関わりますね(実話) カタカナを代用するべきだとの意見もありましたがピタゴラやうちの母はカタカナだとちょっとダメかなぁ。 困りましたね

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ボーボボのところてんの介が”ぬ大明神様”を崇拝しているので泣きます。

カタカナの「ヌ」で代用すれば良いんで、心配無用です!

ID非公開

質問者2023/12/5 9:14

たヌき、ヌるヌる、ヌめヌめ… 打つのが面倒になりますね。

水面下では「か行」の半濁音採用計画が進んでいるらしいです。 外来語の発音をリアルにして日本語英語を少しでも外国人に聞き取れるように改善するための措置のようです。 コーヒーでは世界に通じないですが カフェでは日本語すぎるので「カ」を半濁音にして○をつけ、英語への対応力をつける、の様な用途のためです。 となると、使用頻度の低いひらがなは没にしなければ、文字が増えすぎるのが理由でしょう。「ぬ」は名詞以外にはほぼ登場しないので不要とされ、呼称を変えるか、やむを得ないものに関しては「にゅ」で代用すれば足りるのではないでしょうか。 実際、これだけ長文で回答を書きましたが「ぬ」を説明する以外に「ぬ」はでてきませんでした。