ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(1件)

「おまえ太いな」といわれて喜ぶ女性はいません ですから「細いね」といえば喜びます なので夫が妻を喜ばすために「細君」をはじめました、ということではありません。 「細君」という言葉は、自分の妻を謙遜して表現する言葉です。 同輩以下の人の妻を指すこともあります. この言葉は、江戸時代に始まり、当時の社会的慣習に基づいて、妻を謙遜して表現するために使われていました. ただし、現代では、この言葉はあまり一般的ではなく、多くの人々が「妻」という言葉を使っています 細君の語源について說明します。 細君の「細」は、「小」「つまらないもの」の意味で、中国語からの借用。です。自分をへりくだっていう「小生」や、自分が勤めている会社を「小社」というのと同じく、細君は他人に対し自分の妻をへりくだっていう語で 転じて、他人の妻をいうようになったが、ごく軽い敬意をもって同輩以下の人の妻をいう語なので、目上の人の妻を「細君」と言うのは失礼にあたります。