クルマて10年乗ったら査定が安いので乗り潰すほうが得ですよね。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(4件)

人それぞれなのでこれが正しいという答えは存在しません。 純粋に金勘定で「得」というなら車なんか持たないのが一番得。生活にどうしても必要なら値段のこなれた中古を買って乗り潰すのが次善の策で、実際に経済的余裕のない人はそうしています。 買い替える人はその人なりの価値観があって、生活に必須でないことにカネを費やしているのです。それについて「一番得じゃない」とか批評するのはただの野暮。かなりくだらない。 10年くらい経つと故障の確率が上がる、それが嫌な人もいます。金勘定だけ考えれば故障するまで乗り続けるのが一番安いんですが。 また古くなれば内外装がヤレてみすぼらしくなるし、サスペンションがへたって乗り心地悪くなったり、各所にガタや緩みが発生して走行中にカタカタ音がするようになったりもします。走行に支障はないけれど。それで買い替える人もいます。 それに10年も経てば車の機能や性能もだいぶん変わる、新しい機能が欲しくなって乗り換える人もいます。 今や大部分の車についている衝突軽減ブレーキや車速追従クルーズコントロールも10年前はごく一部の車種にしかついていなかったし、カーナビとスマホの連携を劇的に強化したApple CarPlayやAndroid Autoも10年前には出ていなかった技術です。 もちろん新車が格好いいからとか、新車に乗ってるという見栄を張りたいとか、で3年や5年程度のタイミングで乗り換える人もいます。

得かどうか? その通りです。 人間の心理として再販価値の無い=価値の無い車に乗ってる ことでネガティブな感情を持ちがちです。 同じく人間の心理として故障リスクにを必要以上に嫌うというのがあります。 いずれも本人の内面の話ですが、再販価値がなく故障リスクの高い車は 乗り続けたくないという気持ちが強く働き ちょうど査定が無くなる頃に手放したくなるのです。 感情の問題がほとんどなので合理性で否定してもはじまりませんし そういう人が多いからこそポンコツ遊びというのも成立します。

車検のタイミングだからだと思います。 あと古い車は維持費が高くなる。 今は不調が出ていなくてもこれから不調が出る可能性が高い。 家族の年齢が変わって乗りたいサイズも変わった。 とかじゃないですかね。 どうせ新しいのに乗り換えるなら廃車よりも多少はお金になるし、一応査定に出すかーくらいだと思います。