回答受付が終了しました

ID非公開

2023/12/7 8:10

66回答

「マルチ商法」と「ネズミ講」と「ネットワークビジネス」と「アムウェイ(Amway)」の違いは何ですか?

回答(6件)

言葉は、結構、時と場合、人により、指す範囲が異なります。例えば、アムウェイにしても、日本アムウェイを含む会社を指す場合もあれば、ブランドを指す場合もあります。販売会員を含めて指す場合もあります。 ネズミ講は、集めた金銭を分配するだけの仕組みで、多くの国で違法です。アリバイとして、金品、サービス等を用いる場合もあります。 マルチ商法は、"Multi-level marketing"(マルチレベルマーケティング、MLM)(多段階報酬システム)の日本語訳です。金銭配当システムの部分はネズミ講と違いはありません。販売・サービス網の構築にネズミ講のシステムを用いたものと思って、ほぼ間違いがないです。鼠講式販売法(by広辞苑)とも呼ばれます。 マルチ商法をネズミ講的に運用することは容易です。又、違法なネズミ講と、違法でないマルチ商法の境界は曖昧で、時々、マルチ商法の会社がネズミ講として訴えられています。アムウェイも何度かネズミ講として訴えられています。そして国により法規制の考え方の違いがあり、ある国では違法でなくても、別の国ではネズミ講と認定される事があります。 ネットワークビジネスは、主に下記の意味で用いられます。 1(英語) インターネットビジネスを指します。元々はこの意味で用いられました。 2(和製英語) 日本のマルチ商法関係者が使い出した用語。 マルチ商法の評判が最悪となったために使い始めました。マルチ商法と同じと思えばよいです。ただし、マルチ商法関係者はマルチ商法の悪評を嫌って、マルチ商法ではない、ネットワークビジネスですと説明することも多いです。 マルチ商法関係者の言動をみていれば、明らかにネットワークビジネス(英語)との混同を意図して用いていました。 アムウェイは特定商取引法で連鎖販売取引と定義されている方法で会員を集めている会社です。長年、アムウェイがマルチ商法に該当するかどうかを誤魔化していました。最近になり、注釈に、マルチ商法が連鎖販売取引等を指すことを書くようになりました。。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

ID非表示

2023/12/9 6:21

違法かどうかです。 その中で違法な行為はネズミ講だけですね。

ネットワークビジネスの正式名称はマルチレーベルマーケティング 通称マルチです。 ネットワークビジネスは商品販売という形式を取っているので合法なビジネスです(仕組み的にはネズミ講に近い) アムウエイは日本で最大手のネットワークビジネスの会社です。 ネズミ講はお金だけやりとりするので違法です。 マルチは一応、ネットワークビジネスの正式名称の略ですが 詐欺まがいのネズミ講に近い商売をマルチやマルチ商法などと、あくどい商売のニュアンスで使う場合があります。

・マルチ商法は、連鎖販売取引と言って合法です。 ・ねずみ講は、無限連鎖講と言って違法です。 これらの違いは、簡単に言うと、商品やサービスが介在するか否かにあります。 ・ネットワークビジネスとは、マルチ商法やMLM(マルチレベルマーケティング)の別称です。 ・アムウェイは、ネットワークビジネスを行う企業の名前です。 以上です。

マルチ商法は法律で合法とされたビジネスで、商品を介して、その物を必要としている人と商品売買をすること。また、商品売買のために、販売店が大元の会社から商品の買取りをし在庫を抱えること。販売に伴い、売上げた累計額に応じてノルマや期限を設けている。といったようなのが一般的なマルチですね! マルチに近しものだと、その会社によって、会員費をどのような期間・条件で取るか取らないかや、商品の在庫を抱えさせるのか抱えさせないのか、商品売買の販売促進費(マージン)をどう設定しているか、その契約として交わした累計売上げに応じて昇格や降格はどう関与しているかなどオリジナルビジネスも現代にはありますね! ネズミ講は完全に詐欺師同然に違法です。裁かれます。特徴としては、商品売買なしに紹介という名の名前だけでの契約ですね! 区別したいのは、会社のビジネス形態がマルチに近しいものだと曖昧なまま営業させる事を国は嫌うので、一旦営業停止処分を出されてしまうこともあるようですが。そうでない合法のビジネスだと判断されればまた再開している為に。合法にも関わらず、ビジネスを知らない人が悪徳商法と勘違いしやすいのも実情でしょう。 ネットワークビジネスはその名の通り。 通販サイトやネットショッピングなどの、人員を配置せずともできるビジネスですね! アムウェイはマルチ商法ですね。