ここから本文です

客車と貨車の連結について

nog********さん

2009/8/2111:55:08

客車と貨車の連結について

一般の人が乗る客車と貨物の貨車の連結が違うのは何故ですか?

閲覧数:
244
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oka********さん

2009/8/2112:09:30

いわゆる「自動連結器」と「密着連結器」の違いという意味で
回答します。

自動連結器はつきあわせるだけで自動的に連結されるメカとして、
旧国鉄により開発され、以後の列車用連結器のスタンダートになりました。
この連結器には実はわざと少しガタが付けてあるんです。
これは貨物車を引っ張るときに前の車から一つずつ引っ張る形になることで
機関車の負担が少なくなるからです。

しかし、このガタは客車用として使うには電車同士が常に衝突したような
衝撃を発生させ乗り心地に悪影響を与えるという欠点もありました。

そこで客電車用に開発されたのが「密着連結器」なのです。
これは当たり面が文字通り「密着」することで上記の衝撃を発生させない
連結器です。 また、この密着面にパッキンを付けてエア配管(ブレーキ管)
も同時に連結できるというメカも組み込むことが出来ます。
車両によってはこの連結器の下に電動で操作する電気コネクターも配されており、
ワンタッチで連結切り離しが出来るようになっていて、此は小田急線の
本線(小田原線)/江ノ島線の連結運転で使われています。

原則的には以上の事情ですが、客電車でも自動連結器の会社もあります。
例えば相模鉄道線がそうです。 これはもともと米軍厚木基地を築造するための
貨物線だった物をそのまま旅客用として拡張した歴史故の物と言われています。

質問した人からのコメント

2009/8/21 12:30:33

降参 分かりやすい説明で解決しました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nat********さん

2009/8/2112:03:38

客車と貨車の連結器は「自動連結器」と呼ばれるもので、同じですよ。

国鉄時代には「混合列車」と呼ばれた、客貨混成の列車が全国のローカル線で走っており「一般の人」が乗っていましたよ。
私も何度か乗りました。

五能線で乗った、「DE10+客車+貨車」は楽しい思い出です。
この時すでに、8620型は撤退していました。

ただ、電車などの「密着連結器」とは別構造です。
理由は、貨車には「電気ブレーキ」が無いからです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる