ここから本文です

どうして創価学会では、仏壇にしきみを活けることになっているのでしょうか?

kyo********さん

2009/8/2411:16:11

どうして創価学会では、仏壇にしきみを活けることになっているのでしょうか?

閲覧数:
658
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wz8********さん

2009/8/2520:44:16

しきみを使うのは何も創価学会だけではありません。昔は仏教各派でしきみを使っていました。いまでも関西ではしきみを使う宗派は多くみられます。しきみは日本唯一の香木です。「悪しき実」といわれ、実に毒性があります。そのため邪気を払うと言われ古来より使われています。生け花は花が咲いて枯れるという「無常」を表すのに対し、しきみは「常住」を表すため、永遠不滅の仏様に適したお供えといわれているのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oha********さん

2009/8/2611:59:24

最近造花の ビニールしきみ ですよ

まさに常緑ですね
枯れないということは まさにその通り
http://www.sgibutsudan.com/k/zouka-4.html

okk********さん

2009/8/2413:44:22

仏前にしきみを供えるのは、しきみが常緑樹であり、枯れないことから「永遠の生命」を表しているとされているからですね。

他宗派の場合、仏前に花を供えることがありますが、花はすぐに萎れて枯れてしまうため、法華経の永遠の生命にはふさわしくないというのが、日蓮正宗の説明です。

rik********さん

2009/8/2411:34:15

昔は葬儀(創価では友人葬)の際も生花は絶対にダメで、しきみだけだったのですが
最近は生花も使っていいという指導になったそうです
ですので、しきみじゃなくてはいけないなんて理由は特にないと思います
寺と同じにしたくなかっただけでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる