ここから本文です

都井睦雄について質問です。

lal********さん

2009/9/417:10:37

都井睦雄について質問です。

調べ物をしていた途中、都井睦雄が出てきまして後で過去最悪の殺人事件だということを知りました。
興味深かったのでインターネットで調べ尽くしたところ幾つか疑問に思ったところが出てきたので質問します。
そこで津山三十人殺しで知られる津山事件で質問なのですが、都井睦雄と関係のあった女性、確か2名ほど居られた
そうで、その内の一人はどこかの山奥でひっそりと存命中らしいです。私の情報ではここまでで事件後の生存者の証言を
もっと知りたいのです。事件当時、都井睦雄はどんな風貌だったのでしょうか?2つの角を持った鬼のような風貌らしいですが。
関係者は今もいるのでしょうか?
もうひとつは、事件当時の彼の格好と凶器についてです。八墓村で格好を拝見したのですが、12番口径5連発ブローニング猟銃
を改造して9連発式にしたそうです。素朴な疑問なんですけどどうやって改造できるんですか?ダムダム弾って何ですか?
右手には日本刀、左手には猟銃、二刀流なんて肺結核を患っていた青年にできるのでしょうか?命中率も半端ないそうですよ。
最大の謎が病気の子が幾ら身体の景気が良くなってきたからといって、そんな装備をしていて村中を駆け巡り、殺人を犯せる体力があったのか疑問に思います。みなさんの意見を聞きたいです。宜しくお願いします。

補足まだ存命の方もいるんですね(ノ゜⊿゜)ノ
ダムダム弾・・・恐ろしい凶器ですね。怨みは身体を超越するんですね、恐ろしいです。
まだまだ回答受付中なので意見がありましたら有りがたいです^^

閲覧数:
35,444
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

flo********さん

2009/9/503:10:04

風貌は、ネットで似顔絵を見ましたが………お笑い芸人のフットボール岩尾さんみたいな感じでした………津山30人殺しを扱った漫画では美青年に描かれていますが、全然違います。以前、週刊誌に加害者の元恋人と言われた女性の旦那さんのインタビューが載っていまして、興味深く拝見しましたが、夜這いの風習などは否定されていました。体力についてですが、火事場の馬鹿力というか、執念(怨念)の強さから来ているのではないでしょうか。闇討ちしてるあたりに、周到な計画性を感じます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mon********さん

編集あり2009/9/719:24:26

犯行に使われた当時のブローニング猟銃のデータが見あたりませんが、
恐らくチューブ式マガジンだと思います。

マガジンの構造は下記の様な物です。

http://gun.world.coocan.jp/basic/function_shotgun.htm

ポンプアクション・ショットガンの構造

ショットシェル(弾)を入れる<クリック

ココでは一発しかマガジンには入れませんが、この作業を繰り返す事により
マガジンの規定数まで弾を詰めていく事が出来ます。
懐中電灯に電池を入れるみたいな感じかな?
規定総弾数以上にマガジンに入れるようにするには、
チューブ形状のマガジン自体を長い物に交換すればもっと沢山の弾を入れる事が出来ます。
たとえば懐中電灯の柄の部分を長い物に替える=沢山電池が入る。

簡単に言えばそんな改造だと思います。勿論違法改造です。

ダムダム弾ですが、炸裂したりする爆発性では有りません。
弾頭の先端に穴や窪みが掘ってあり、動物の体内に弾が入った時
変形してダメージを大きくするため加工された弾頭です。

現代ではホローポイントとか言われる弾頭がそれに当たります。
猟用等には普通に使われている弾頭で特殊な物ではありません。

犯行に使われた当時のブローニング猟銃のデータが見あたりませんが、
恐らくチューブ式マガジンだと思います。...

hid********さん

編集あり2009/9/504:48:08

当たり前ですが、当事者じゃ無いので、
過去に、文献や書籍で読んだ記憶で回答します。

画像については「津山事件」で検索するとwikiに出ます。
風貌は普通ですよ。真面目そうな青年です。

関係があった女性が2名と言うのは初耳です。
当時は「夜這い」の風習があったので、
全女性は、村人で共有だったと思います(たとえ人妻でも)

生き残りの方が、夜這いの風習を否定していますが、
90を超えた高齢の証言である事、そして否定者の妻が
都井と関係があったとされており(都井の遺書にも名前が記載されている)事から
証言の信憑性は、薄いと考えられてます。

ダムダム弾は、体内で弾頭が炸裂する、殺傷力の強い球です。
事件当時はもちろん、今も戦争ですら禁止されてます。

2刀流では無かったはずです。手には銃ですが、
刀と匕首は、腰に刺してたはずです。

ただ、祖母の首を、斧でハネてますし、実際は、
武器を取替えながら、殺傷したのでしょうね。

恨みは、体力や疲れを超越するのでは無いでしょうか。
火事場のばぁさんが、200kgの瓶を持って逃げたなんて話は良く聞きます。
そして発作が出なけりゃ普通の人です。大変、器用だったそうですよ。

寝込みを至近距離で撃ってますので、命中率はあったでしょう。
ちなみに、数名は見逃してますしね。

銃の造方法については存じません。
とりあえず、分かる範囲で。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる