ここから本文です

第一級及び第二級アマチュア無線技士の資格について 無線の資格は二陸特・二海...

pek********さん

2009/9/619:43:53

第一級及び第二級アマチュア無線技士の資格について

無線の資格は二陸特・二海特・三アマ(法改正後)を持っています。
今度、第一級及び第二級アマチュア無線技士の試験を受けようと考えています。
無線工学・法規の勉強は順調に進んでおり、得点出来るようになりました。
しかし、肝心の電気通信術で躓いています。
符号を覚え始めて約2ヶ月ですが未だに理解出来ずにいます。
音を聞いて紙に書き出していますが途中で訳が分からなくなってしまいます。
情けないことにアルファベットの符号26個ですから覚えられず、他の符号とごっちゃになってしまいます。

第一級及び第二級アマチュア無線技士の資格をお持ちの方にお聞きします。
電気通信術をモノにするのに効果的な方法があれば教えて下さい。

閲覧数:
641
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

編集あり2009/9/721:53:03

ひたすら 試験の速度で符号を聞いて紙に書き取るしかないです。

但し、現1,2アマ速度だと、単語の切れ目なのか、
字の切れ目なのかが判りにくいと思います。

Radio Wave と打っているのに Radiowave、Radi Owave などのように
書いてしまうんですね。
採点基準を厳密に適用すると、「品位」で少し引かれます。

そこで、まずは符号自体の速度は1アマか2アマの速度で、
間隔を開けるのも手です。

私は 1アマの通信術を昭和58年に科目合格しておきながら、
流してしまい(当然 和文も送信もあった)、
送信が無くなって、和文と欧文の受信だけ+学科が選択式に完全移行
してから(平成4年)やっと、1アマを再受験することができて
取ることができたのです。

25年前は、仕事の関係上、なかなか1アマの学科を受験する機会が
無さそうなので、社会人1年生の時に「電信級」を移行コースで取った
のですが、そのときは1アマの通信術の免除期間内でした。

通信術の授業は真面目に受けまして(じゃないと修了試験受けられない)
その時の記憶では、講師の先生は 符号自体は2アマ速度でも、
間隔を開けて、トータルで25字・分になるように打っていました。

受講生全員がアマ無線の出題範囲の符号を覚えたのを確認すると、
試験慣れするために、実際の試験の速度で符号を出してくれました。

当時は 移行コースを受けるには 電話アマ持ち+20字・分で2分の
受信の試験に合格しなければならず、
また、修了試験でも国家試験でも送信がありました。

余談ですが、私は修了試験の送信の試験では、ほぼ杓子定規の
電信級の速度で打ったのですが、なんと訂正を出してしまって、99点でした。
(途中で どこまで送信したのか判らなくなった)

採点した先生(通信術の講師)には「1アマの通信術免除期間内で、
早くCWに出たいから」ということを告げていましたが、
先生の講評に拠れば、私のようなケースは良くあることなのだそうです。

符号を覚えるまでは 杓子定規の速度よりも、あえて1,2アマの
速度で、字や単語の間隔を開けて打ってもらって書き取る。
(字の間隔が開いているので、符合から字を思い出す余裕がある)

符号を覚えたら、それぞれの試験に合わせた速度で書き取り練習する。

参考になればと思います。

質問した人からのコメント

2009/9/11 06:06:31

皆さん、ありがとうございました。
詳しく教えて頂けて嬉しいです。
どのアドバイスも参考になりました。
後は自分に合ったやり方を見つけようと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

roa********さん

2009/9/715:29:06

符号を覚えるのは根気勝負ですが、1番の難関ポイントをアドバイスします。。実際の試験にテ-プ等で練習して直接受けた場合、反響音のすごさと緊張感で頭が真っ白になると思います。

今、自分は第二級総合無線通信士を受験中で、何度もその反響音にやられました。
その対策として、試験直前は、お風呂場までラジカセ等をもっていき、なるべく大音量で流し反響させながら練習したほうがいいです。 まだ自分も合格は出来てませんが、この練習でかなり自信がつきましたし次はいけると思います。 あなたもぜひ頑張ってください。

アバター

ID非公開さん

編集あり2009/9/719:58:33

「A ・-」とか「B ―・・・」 とか書いてある書類をすべて捨ててください。
特によろしくないのは「CQハムラジオ」の編集部が造っているモールス一覧表です。
アレを使うと、本気で覚えたい人でさえダメになります。(私の経験談です)
なぜなら、「音」を「アルファベット」にしないといけないのに、音が点と棒になるからです。

あと、よろしくないのはABCの順に覚えることです。あの順番で覚えると、グダグダになります。

一番よろしくないのは、記憶しきっていないのに すべて記憶しているという錯覚に陥ることです。

試験場での受信音はとにかく汚いです。合格対応なら汚い音や異常に低い音でも取れるようになることです。
テープやCDのようにきれいな音ではありません。

tor********さん

2009/9/620:55:46

効果的かどうかは人それぞれですが、私が受験した時は、とにかく打って聞いて打って聞いての連続でした。

電鍵にオシレター(低周波発振器)をつないで、毎日時間を見つけては送信の練習をします。
受信の練習は、実際のCWを聞くのが一番良いでしょう。
私の頃は、まだ銚子無線局(JCS)があったので、それを聞きいて受信の練習をしました。

CWのテープやCDはダメです。何度も聞いていると、覚えてしまって符合を聞く前に文字が書けてしまいますから。
今一番良いと思うのは、実際のアマチュア無線のCWを聞いて、練習する事だと思います。
また普段、電車の中や街中で見かける文字を見ながら、CWの符号にしてみるのも良いと思います。

語調法という方法、例えば、Aであれば「アレー」とか、Bであれば「ビートルズ」と覚える方法もありますが、あまりお奨めしません。しかしこの方法だと、受信では余計に分らなくなる恐れがあります。
例えば、「・-・・」という符合がきた場合、「・-」まで来た時に頭の中で「アレー」を思い浮かべてしまい、その後の「・・」で何だか分らなくなってしまいます。
ですから、符号は丸ごと覚えてしまうのが、後で苦労しなくて良いと思います。

実際、私が和文を覚えた時、似たような符合を並べて覚えると言う方法を用いました。

例えば
-・ タ
-・・ ホ
-・・・ ハ
-・・・・ 6

こう覚えて、「-・・-」と来ると、「-・・」で「ホ」まで数えて次に「-」が来ると、もう何だか分らなくなってしまいます。
今でも時々この後遺症に苦しむときがあります。

先にも書きましたが、とにかくモールス符号を覚えるのには、打って聞いて打って聞いてが一番だと思います。
ぜひ上級資格の取得に向けて頑張ってください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる