ここから本文です

なぜGHQは、日本の漢字にまでダメだししたんですか?

giz********さん

2009/9/1420:18:56

なぜGHQは、日本の漢字にまでダメだししたんですか?

閲覧数:
3,858
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuj********さん

編集あり2009/9/1509:47:03

「日本人が愚かな行為に走ったのは、漢字(旧漢字)という複雑怪奇な文字の習得に時間を取られ、きちんとした学問が出来なかったからだ」

と考えたからと言われています。

日本にも戦前から

「カナ文字論者」(漢字を廃止し、全てカナで表記しよう)
「ローマ字論者」(漢字を廃止し、全てローマ字で表記しよう)
「日本語廃止論者」(日本語を廃止し、別な合理的な言語、例えばエスペラントを採用しよう)

などと主張する人がおりましたので、そういう人たちの意見を取り入れ、かつ緩和したのが「漢字の簡易化」だったのかもしれません。

ちなみに、戦前からの日本の高名な作家である志賀直哉が「日本語を廃止してフランス語を採用しよう」と主張した事実があります。

下記リンクに詳しいです。
http://members.jcom.home.ne.jp/w3c/kokugo/rekishi/ShigaNaoya.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

onl********さん

編集あり2009/9/1516:00:20

GHQというより、彼らの勝ち馬に乗った連中がいたのです。主要人物は、カナモジカイ理事長のマツサカ・タダノリ。少年の頃から読めない漢字が多く、高等小学校中退。漢字に対して深い恨みをいだいていたため、漢字撲滅のためカナモジ運動に身を投じた人物でした。国語審議会で彼の主張はなんでも通ったという。たとえば漢字は当用漢字1850字より一字も増やすなと。漢字が減れば活字を組むのも楽になるということで、新聞業界もこれに便乗したのです。その結果、「犬」は残って「猫」はなくなり、「馬」が残って「猿」が消えました。

scu********さん

2009/9/1502:11:38

まあ、理由の一部には「八紘一宇」とか「大東亜共栄圏」とか本来の意味が忘れられて単に「戦争のスローガンに成り下がった漢字熟語が沢山あったから」でしょうね。

意味がわからなくてもなんとなく漢字熟語を唱えているだけで戦意高揚する日本人に対して、本能的な恐怖感を抱いたのでしょう。

ors********さん

2009/9/1421:46:35

要するに識字率が低く民度が十分でなかったことが軍部の暴走などを許し戦争へつながったと考えられたからです。
それに漢字廃止論者が乗っかったことで加速されたようです。
しかし実際にはアメリカよりむしろ識字率が高いことが分かり沙汰やみとなりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる