ここから本文です

リフォーム工事で1400万円支払いましたが,数々の不具合・手抜き・過大請求が発覚...

kom********さん

2009/9/2818:55:46

リフォーム工事で1400万円支払いましたが,数々の不具合・手抜き・過大請求が発覚しました。建設業者は無許可業者だったとわかりました。リフォームは建築一式工事に当たりますか?

それとも建築一式外の工事になりますか?建築一式工事以外である場合は,建設業法違反になりますか?工事内容は,風呂・台所・リビングなど1階の1/3以上は柱だけ残して外壁も天井も床もやり直しました。その他廊下や2階の和室は既存の壁の上に石膏ボードの下地処理をして,クロスを貼りました。

補足見積書以外,契約書も設計図書もありません。県の建設業課に直接出向いて尋ねましたが,人によって見解がまちまちで,訴訟を前提としているのであれば,県としての見解は述べられないと言われてしまいました。どこに尋ねればはっきりとした回答をいただけるのでしょうか?

閲覧数:
1,405
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

neq********さん

2009/10/214:01:12

基幹技能士の秋山です。
建築工事1式工事=リフォーム1式工事ですね。
見積書以外、契約書、設計図もないもによく工事をさせましたね。これが信用して知人に工事をさせたのが悪かったのです。
まずお金は戻っては来ません。
訴訟しても知人には痛くもないでしょう。
お金をかけて裁判して長い間時間を取られ大変ですよ。
ただ気持ち的に納得をしたいのであれば費用をかけ時間をかけて裁判すればよいと思います。
まず弁護士に相談する前に1級建築士でもあり耐震にも詳しい私の知人前田先生に相談されたら良いと思います。
プロにまず不具合・手抜き工事を見ていただき、改修費用にていくら掛かるのか。
そして裁判をして改修費用の全額と慰謝料相当額を請求することです。
費用は建築士に90万弁護士に80万ぐらいの費用は掛かります。
訴訟は170万+改修費280万+慰謝料600万=1050万
ぐらいを基本に置きされればよいのではないでしょうか?
補足
基幹技能士のホームページ(板金工事)名簿にて一番で総合建築秋山板金工作所にて連絡先がわかりますちなみに代表です。

質問した人からのコメント

2009/10/5 21:21:33

国の機関等にも相談をして,前向きに事を運んでいきたいと思っています。連絡先まで書いてくださり,貴重なご意見をありがとうございました。良い結果を報告させていただける日が来ることを望んでいます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる