ここから本文です

パイロットやCAの方の配偶者やご家族は、無料で飛行機に乗れるのですか? 先日テ...

plu********さん

2009/9/2923:18:30

パイロットやCAの方の配偶者やご家族は、無料で飛行機に乗れるのですか?
先日テレビの番組の中で、父がパイロット母がCAのタレントの方たちが、航空代は無料だったと発言していました。
それは本当ですか?

補足みなさんご回答ありがとうございます。
ks9455lvさん、詳細な説明をありがとうございます。
f20taigarさん、もしよろしければ詳しい内容を教えていただけますでしょうか?
よろしくお願いします。

閲覧数:
104,960
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bac********さん

2009/10/123:45:11

Emploee Free Ticket(俗に言うEF券)のことですね。

私でよければ回答しましょう

パイロットとCAなどで配られる枚数は違います。

正社員と派遣社員では違います(正社員しか配られないので、派遣/子会社のCAは無いと聞いています)

正社員であってもCAなんかは年間数枚(たしか・・・5枚?)だったかな?

パイロットは年間20枚程配られます

これは国内線のみに使えるもので、この1枚で片道分国内線が無料になります。

当然予約は不可能なので、ゴールデンウィークやお盆などの繁忙期には使えません。

なので、実際にこのチケットを使いきっている人は居ないと思います。
私の知っている家族も毎年10枚以上使い切れずに捨てていました

それと家族ですが2親等以内であれば使えます。

ただし、業務目的以外と定められていて、違反が判明すると最悪解雇もありえます。
※例えば子供が社会人になっていたり、両親がまだ仕事をしていたり

では、どうやって乗るかというと、、、、当日空港まで行ってキャンセル待ちを入れます

キャンセル待ちはマイレージ上から呼び出しが始まり・・・・・最後は当日飛込みできた一般人

その後に更に空席があれば乗れます

これはかなり悲惨な航空券で、例えばホテル予約しているのに、レンタカー予約しているのに飛行機に乗れないことが有ります

逆に帰りも、明日から学校なのに、今日のホテルなんて押さえてないのに・・・・乗れないことも有ります。

当然航空会社の保障を受けるなんて論外なので、自力で色々手配します。

今でこそインターネットで色々と予約できますが、20年前はそんなの皆無の時代

公衆電話に走り、ホテルを電話帳で探し・・・・・などなど大変だった頃があるようです。



さて、次に国際線ですね。

こちらは正確に言うと無料では有りません、ただし、一人2万円弱だったはず

このチケットも基本国内線と同じですが、使う機会が国内線に比べ格段に少ないので枚数性なのかどうか不明

私が知っている家族は3年に一回くらい海外旅行に行っていましたが、面白い話を聞いていますw

そこは4人の子供がいて、6人家族です

6人で海外に行くのですが、当然キャンセル待ち

ここからがポイントです

行きに全員が飛行機に乗れるわけではない・・・・・ということで、最初の日の朝から空港で待って(他のEFよりもキャンセル待ち順位を上げるため)取れた座席分の人数だけ先に出発させます

一番最悪だった時は初日に2人分とれたが・・・・翌日全員乗れないと困るから全ての旅行予定を取りやめたなんてのもあったそうです
ホテルを予約して、レンタカーを予約して、当日キャンセルです
私達に、海外旅行いってきま~すって次の日に学校に来ていましたw

もしいけたとしても、帰りは毎日の空席情報を毎日欠かさずチェックして、それにあわせて空港に戻ってくるようです。

それでも繁忙期には乗れないこともある。



それと、航空券を予約する方法が有ります。

『正規料金の50%を支払う』

これです

これなら、一般客と同じで扱ってくれますが、あくまでも一般客と同じ扱いです

正規料金の半額とは・・・・・成田→Parisなら往復で60万円のエコノミーチケットの半分です

6人分支払えるわけも無く、その家族は常に瀬戸際外交で海外旅行に行っていましたwww

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「CA 親族」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nan********さん

2009/10/212:27:30

航空会社の福利厚生の一部ですから各社まちまちですが、
某社の場合、
国内線は
年間で使用できる点数が決まっていてその範囲でやり繰りするそうです。
有給休暇と同じで翌年まで繰り越す事が出来ます。
無償券や五割引券が有るようです。
使える親族は両親、兄弟、子弟までです。
国際線は
年に一度どこへでも無償で行けるようですよ。
機内での食事代(5000円くらい)は払うそうです。
使用範囲は両親、子弟までです。

f20********さん

編集あり2009/9/3009:38:24

大雑把に言えば、無料券・9割引券・半額券等があります。枚数制限・予約不可・親等制限が、それぞれに色々あります。

ken********さん

2009/9/3007:44:42

それは大昔の話ですね。
今は社員割引や家族割引はありますが、最大でも8割引ぐらいまでです。
また、優先順位が低いチケットになるので混雑期はほとんど使えないとA社の社員が言ってました。。。

ks9********さん

2009/9/3007:15:30

タレントの年代がわからないので何ともですが、ANA,JL,TDA(元JAS)に関しては国内線が無料だったのは30年ほど前まですがポイント制で上限がありました、国際線はANAは(自社では国際線を飛んでませんので)パンナムに関してはー90%(ただし年1回)、他社はー75%(制限回数あり)、JLは路線ごとに多少ですが金額を払っていました、TDAに関してはたしかー75%だったと記憶してます、その後ANA、TDAも国際線を運航するようになり路線ごとのポイントを設定して年間~点までと上限を決め、航空券の発券手数料と言う名目で¥1000前後を払ってました、JLも似たようなシステムですので無料だというのは昔の国内線の勘違いか、子供に説明するのに多少面倒ですからタダと言ったんでしょう、それともTV受けの良いように大袈裟に言ったかじゃないでしょうかね。

paw********さん

2009/9/3000:55:26

いつの時代かわかりませんが、かなり昔なら有りえた話ですが。。。
ただ、私も親戚で某航空会社のCAがいますが、その親戚の方に聞く限り、格安ではあるけど料金があり、支払っているそうです。
また、会社の先輩で、赤系のCAとGHと結婚された方が、それぞれいますが、共に格安の料金を支払ってます。
ですから、多分、そのタレントの方が勘違いされているだけと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる