ここから本文です

交通事故の示談金を提示されました。金額は妥当でしょうか? お詳しい方どうか教え...

pur********さん

2009/10/416:11:24

交通事故の示談金を提示されました。金額は妥当でしょうか?
お詳しい方どうか教えて下さい。

車対車の人身事故

過失割合 相手100% 当方0%

総治療日数 575日

実通院日数 374日

治療費2.195.774円(既払)

通院交通費120.580円(既払)

休業損害492.807円 5.299円×93日 (既払)

その他(家事代行・メガネ代等)331.848円(既払)

慰謝料1.108.800円

後遺障害 14級9号 780.000円

総損害額4.899.009円-既払額3.266.399円

=最終支払賠償額1.632.610円

※慰謝料は任意保険基準で算出

自賠責基準よりかなり低い金額ですが、これって本当に妥当な金額なんですか?
納得できません。

近々2回目の示談交渉があります。
交渉をするうえでのアドバイスも教えて頂けるとありがたいです。

宜しくお願いします。

閲覧数:
1,442
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/10/418:30:15

総治療期間575日は、19ヵ月+5日と読み替えます。
19ヵ月は、110万8000円、
5日は、(100万8000円-98万3000円)÷30日×5日=4000円、
保険屋さんの提示する慰謝料は、111万2000円が正しい計算です。
僅かですが、3200円の払い渋りです。

地裁基準では、19ヵ月は126万円、
5日は、(122-121万円)÷30日×5日=2000円、
126万2000円が慰謝料となります。

後遺障害慰謝料は110万円、
逸失利益は、事故前1年間の年収×0.05×4.329で計算されます。
あなたが家庭の主婦であれば、346万8800円×0.05×4.329=75万1000円となります。

上記は赤い本による計算で、財団法人 交通事故紛争処理センターであれば、上記の計算式で示談が斡旋されています。
紛センは、弁護士が無料で対応、地裁基準で示談の斡旋を行う、駆け込み寺です。
保険屋さんとの示談協議を打ち切り、紛センに示談の斡旋を申し込んでください。

http://www.jiko110.com/contents/funsen/funsen/index.php?pid=105

上記で紛センの詳細を説明しています。
参考にしていただければ、何よりの幸いです。

最後に、自賠責保険は、治療費を含む損害総額が120万円未満で適用される限定的な基準です。
本件では、損害の総額が489万9009円となっています。
自賠責保険支払基準の適用はありません。

以上です。

交通事故110番 宮尾 一郎

質問した人からのコメント

2009/10/5 16:06:54

降参 みなさん、親切に教えて頂きましてありがとうございます。
とても参考になりました。
けがは「むちうち」ですが、いまだに頭痛と首の苦しさがあり、正直不安です。
みなさんから頂いたアドバイスを参考にして頑張ります。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

具輪珠さん

2009/10/418:16:01

hirokun141coさんが良い回答をされています。
少々補足します。

本件は強力な払い渋りと思います。
そもそも任意保険基準て何ですか?
世間一般の基準(裁判所基準)を無視して保険屋さん独自で定めた低い基準です。
この保険屋さん独自で定めた低い基準で示談をする必要などどこにもありません。
しかし正論を並べ保険屋さんに払えと言っても保険屋さんはまず払いません。
間に強制力のある第三者に入ってもらう事が必要でしょう。
紛センもその一つですが、今の貴方では無駄足に終わると思います。
勉強が必要ですよ。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1018558800

ほかには裁判ですが経済的利益が2~300万では受けてくれる弁護士さんはいないと思います。
自分でやる他無いでしょう。
私は弁護士さん無しで訴訟をおこしましたけれど大変でした。
現実的には裁判所基準まで上がらなくとも紛センで少しでも金額を上げるよう努力すべきと思います。

編集あり2009/10/418:18:41

「自賠責よりかなり低い金額・・・」自賠責基準は御存じと思いますが、傷害賠償120万円以内で任意基準になればもう自賠責の事は基準にはなりません。

治療期間575日(19か月と5日)通院日数374日の任意基準の傷害慰謝料は、やはり100万8800円程度で任意基準では妥当な賠償額となります。

今回、後遺障害14級に認定されているという事で、これ以上保険会社と個人的な示談交渉をされても時間の無駄でしかないと思います。早い話、交通事故紛争処理センターへ和解斡旋を持ち込むのが最善と思います。それより何より、後遺障害(14級)に伴う逸失利益の提示がありません。これは保険会社との個人的な示談交渉では通常の事で、訴訟や紛争センターを利用しない場合、提示されないのが通常です。

紛争センター利用の場合ですが、傷害慰謝料が裁判基準(損害賠償額算定基準)19か月と5日では、約168万円(別表1参照)後遺障害慰謝料90~110万円、逸失利益が、あなたの事故前年度年収×0.05×4.329=5年のライプニッツ係数です。逸失利益については、後遺障害の程度により逸失期間が2~5年(平均3年)で算出されます。

傷害慰謝料ですが、私自身、紛争センター1回目の和解斡旋で治療期間10か月(腰椎捻挫、14級)145万請求で、120万円で和解しました。逸失利益は3年でした。

以上

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる