ここから本文です

「破滅に向かって(1992)」と「The last live」でHIDEが使っていたギターはどちら...

mar********さん

2009/10/1220:16:24

「破滅に向かって(1992)」と「The last live」でHIDEが使っていたギターはどちらもフェルナンデスのもので形は同じようにみえますが、あれらはカラーリング?!だけが違うのですか?

補足すいません・・・
「カラフルなやつ(名前わかりません)」と「イエローハート」についてです。

閲覧数:
573
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eva********さん

編集あり2009/10/1302:33:39

むしろ、形だけ同じで全く別のギターと考えたほうが良いですね。

92年に使ってたサイケペイントのモッキンバードは
ボディにモンキーポッド、ネックはメイプルでスルーネック、指板はローズウッド
コントロールはマスターボリューム、ピックアップセレクター、ボリュームダイレクトスイッチ
ピックアップがフロント・ディマジオのデュアルサウンド、リアにEMG81
本人は使用してませんでしたが4~6弦のみ、弦をボディ裏通しも出来る仕様でした。

対してイエローハートは
ボディにマホガニーバック・メイプルトップというレスポールと同じ組み合わせ
でメイプルネックでスルーネック、指板はローズウッド
コントロールがマスターボリューム、ピックアップセレクター、
ボリュームダイレクトスイッチに加え、
サスティナーのON/OFFスイッチ、サスティナーモードセレクタースイッチ、
サスティナーボリュームを追加
ピックアップもフロントにシングルコイルサイズのサスティナーのリバーシブルドライバーCD-100F、
空いた半分のスペースにカバーのみのダミーピックアップ、
そしてリアにフェルナンデスオリジナルのVH-401

そして双方ネックのグリップが違います。
ペイントが薄目のU字シェイプのネックで
イエローハートは『Vシェイプ』と呼ばれるヴィンテージのストラトキャスター等にも採用されたネックグリップになってます。
あとボディの厚みも異なりますね。
サイケペイントのがモンキーポッド38mmなのに対し
イエローハートは43mmで
内わけはメイプル5mm、マホガニーが37mmという構造になってます。

ざっと、仕様の違いだけ挙げても、これだけ、この2本には違いがあります。
更に92年当時とⅩ解散の頃はアンプやエフェクトなどの機材も違うので
サウンドも双方全く違って聴こえますね。


尚、モンキーポッドはあまり聞き慣れない名前ですが
『この~木なんの木♪』のCMに出てくるあの巨大な木と同じものです。
現在はモンキーポッドボディのhideモデルは製造販売されてませんが
昔はMG-280Xという名前でHIDEシグネチュアモデルとして
フェルナンデスから発売されてました。
スペックもペイントが無いだけで、HIDEが当時使ってた上記スペックと
全く一緒で、唯一違うのがHIDE本人が使用してたのがヘッドは木目調でFのロゴ
発売されたのが黒いヘッドでバーニーのロゴだったくらいです
あのペイントはHIDEがフェルナンデスに作ってもらって入手した後
自分でペイントマーカーを用いてサイケペイントを施し
あのようなルックスになりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

her********さん

編集あり2009/10/1220:55:28

全部同じではありませんよ
ボディーの厚み ネック ボディーの材質 ピックアップ スイッチ チューニングが違います

サイケ(カラフルなやつ)はサスティナーというものがありません
サスティナーというのは単純に言うと音を永遠に伸ばすものです

あとは上の通りです

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる