ここから本文です

東京湾埋立地の液状化ってなんですか? どうなってしまうんですか?

八重桜さん

2009/10/2522:05:43

東京湾埋立地の液状化ってなんですか?
どうなってしまうんですか?

閲覧数:
1,367
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gan********さん

2009/10/2812:28:29

液状化は通常,小石や礫等の粒子が 大きい地盤や粒子の細かい粘土地盤では生じず、粒子の大きさが中間の砂地盤で生じます。
砂地盤では、地震の揺れがないときには砂粒子同士が引っ掛かり噛み合いながら「骨格」をつくり自分の重さや上に載る構造物の荷重を支えています。砂地盤にも密な地盤と緩い地盤がありますが、緩い地盤では地震により水平方向の揺れを受けると、骨格がずれて破壊されてしまいます。
骨格が破壊されるので緩い地盤は崩れ、粒子は一度ばらばらになり、その後より密な地盤になります。地下水面以下の緩い砂層では、隙間が地下水で満たされているため粒子の動きは緩慢になり粒子がばらばらになった状態が長く続くことになります。水が粒子の隙間を移動する際に抵抗が生じ時間がかかるのです。ちょうど水鉄砲に空気を入れると引き金を引くのは楽なのに、水を入れると抵抗があるのと同じ理由です。
地盤の構成粒子が水中でばらばらになって浮かんでいる状態はすなわち地盤が泥水になった状態にあたります。この泥水が上からの圧力を支えようとしますが、もしも地盤に亀裂でもあると水鉄砲のように吹き出します。これが噴砂とか噴水といわれる現象です。砂層が泥水になるので、重いものを支えきれなくなり沈下したり、軽いマンホールが浮き上がったり、泥水が抜けてしまうのでその分地盤沈下を生じたりします。また泥水化した地盤そのものが数メートル以上斜面にそって移動する側方流動が生じたりします。このように液状化は緩い砂層で地下水位が高い箇所で生じます。
砂地盤で地下水位が高いところの代表例が埋立地などです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2009/10/2606:53:38

地震の際に地中の水分と砂が地表に吹き出して、建物や道路等に大きな影響がでます。
埋立て地に限らず地盤の弱いところでは、その可能性が指摘されています。

東京都が「地盤マップ」というのを作ったそうなので、詳しくはそちらを見るのが良いと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる