ここから本文です

星野仙一氏の理想の球団は「広島」だと言っておられたのですが

中川岳志さん

2009/11/104:02:49

星野仙一氏の理想の球団は「広島」だと言っておられたのですが

星野氏がかつてNHKのプロ野球解説者だった頃、
広島のような生え抜きを育てる球団こそ手本にしなくてはいけない、と言っておられました。
これこそが星野氏の理想なのでしょうか。

補足理想と現実の違いもありますでしょうか。
ただ、中日を強くした一面は無いとも言えない気がします。

閲覧数:
337
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

spa********さん

2009/11/104:08:37

理想なんだろうと思いますが、星野監督は中日時代も生え抜きのスターを使って大型トレードを何度も
仕掛けましたし、阪神でも大物を移籍させることでチーム強化をしています。
現実は違うようです。
勝つことありきでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

uma********さん

編集あり2009/11/404:47:48

確かに星野さんがプロ野球解説者だったころの広島は津田・山根・北別府・大野選手と
投手を中心に生え抜きの若手選手が育ってきてた頃ですからね。

それに加えて野手には生え抜きで中堅の衣笠・山本浩二選手などもいましたし。
育成に関してはすごかったらしいですからね何しろ江夏などのいい見本のなるベテラン大投手もいましたから
大野豊さんも江夏さんに鍛えられたとおしゃってますし当時の投球練習場は凄く緊張感が漂っていたそうです

星野さんも育成に関しては悪くはないんですけど結局与田・森田・今中投手の様に短命で終わってしまっているので結局
他球団とトレードせざるをえなくなったってのもあるでしょう
特に星野さんは負けず嫌いですから勝つために戦力補強も多用したんでしょうね

でも補強しつつも星野さんは山本昌川上岩瀬選手という大投手を育て上げてるという事実もありますから


理想と現実は必ずしも完全には合致しないものですよ

ros********さん

2009/11/118:41:38

若手育成がうまい12年連続Bクラスの広島を理想にするわけがありません。

cat********さん

2009/11/110:44:20

ハハハ。金本、城島を脅して連れてきて生え抜きもくそもない。

mad********さん

2009/11/106:48:54

全ては『勝ちたいんや!!』の一言に尽きるのでは。

『育成』の理想は持っていても、『勝ちたい』欲望が簡単に上回ってしまう。

リーグ優勝(中日時代も含め)は何回かあるけど一度も日本一になった事無いのも影響あるかも?

立浪、山本昌、今中など、名選手が育ったのは事実ですから、少なくとも頭には『育成』の二文字は入ってると思いますよ。

osa********さん

2009/11/106:01:24

口だけでしょう。
落合獲得の為に4人(全て生え抜き)放出を皮切りに、片岡・金本・下柳・散々批判していた伊良部など次々とFA等で獲得しています。
巨人を批判しながらやっていることは同じです。批判する資格ありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる