ここから本文です

映画「名探偵コナン 漆黒の追跡者」に出てきた、「ノックリスト」の「ノック」って...

iwa********さん

2009/11/510:16:49

映画「名探偵コナン 漆黒の追跡者」に出てきた、「ノックリスト」の「ノック」って何ですか? 結局、被害者の誰が「ノックリスト」を持っていたのですか?

閲覧数:
20,498
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

exe********さん

2009/11/523:48:00

ノックというのは本来はCIAの用語です。
一般人になりすましているスパイのことを指します。

つまり、この「ノックリスト」というのは「黒の組織のメンバーがなりすましている一般人(スパイ)の名簿」です。

ノックリストを持っていたのは、リストが入っていた小物から見て、「代議士秘書の岡倉政明」です。
リストが入っていたのはお守り袋だったので、お守り袋を奪われたこの男性が組織のメンバーがなりすましているスパイだったことになります。

質問した人からのコメント

2009/11/9 08:26:45

成功 ありがとうございました

「ノックリストとは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hea********さん

2009/11/513:51:05

ノックっていうのは隠語で、組織に侵入しているスパイのことを示す言葉だったはずです。
黒の組織の誰がどの組織に入り込んでいるかっていうのが書かれたリストが「ノックリスト」ってことです。
最後に出てきて銃弾で撃ち貫かれたメモリカードにそのデータが入っていました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる