ここから本文です

卒業論文の序論の書き方について。 私は今卒論の序論を書いています。 テーマ...

tsu********さん

2009/11/719:18:20

卒業論文の序論の書き方について。

私は今卒論の序論を書いています。
テーマは「日本語と英語の意味の相違について」です。

本論では「日常的な語」、「色に対するイメージ」、「比喩表現」、「カタカナ語」についての相違について書いていくつもりです。

しかし、序論の部分がうまく書けずに文字数が足りません…

序論にも幾つか具体例を書いて行くべきなのでしょうか?

閲覧数:
33,960
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pia********さん

2009/11/723:51:15

論文の「序論」の部分は、これから論文の中で「どんな問題について述べるのか」「どのようなことを明らかにしたいのか」「どのようにして、その問題を解明しようとするのか」を書きます。
何について書くのか、何を明らかにしたいのか、どうやって明らかにするのか、です。
具体例は、「どうやって」(研究・論証の方法)に関係することだと思いますので、必要があれば、一例として提示してみてもよいと思います。

質問した人からのコメント

2009/11/12 20:22:11

降参 回答ありがとうございました。
参考にさせていただきました!!
無事先生からOKをもらうことが出来たので、大変感謝しております。

他にも回答してくれた方々にも感謝いたしますm(_ _)m

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ant********さん

2009/11/917:47:21

文系の論文に関してはあまり良く分かりませんが・・・

具体例というのは「結果・結論」のことですか?

そうだとするなら違います。
序論(Introduction)は、はしがきのことです。

つまりこの論文を読んでもらう前に、事前情報を提供することです。

あなたの場合ですと、「日本語と英語の意味の相違について」を明確にする意味(意義)

やその導入となる説明です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tuk********さん

2009/11/911:19:25

その序論の部分は書き上げて提出とかが義務付けられていますか?もし序論のみを先に提出しなくても良いのならば、文字数が足りなくても良いので「こんなことを扱う」ぐらいを書いたら、本論を書き始めてください。
本論を書いているうちに、やり方や扱う事に変更が出ることもあります。カタカナ語をやるつもりだったけど、和製英語の方が面白かったとかっていうのが出てくるもんです。
ですので、序論は最後まで書き終えた後で、全体ではどういうことを扱ったか俯瞰的に書き直せば良いです。
序論に時間をかけて本文がおろそかになるのは本末転倒になりますよ!

fre********さん

2009/11/815:51:11

言語が違えば意味が違うのは当たり前です。
なぜそのテーマを選んだのか
ということもしっかり書いておいてください。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる