ここから本文です

新築の冬着工はリスクが大きいですか??

lup********さん

2009/11/1021:42:38

新築の冬着工はリスクが大きいですか??

北陸地方で新築予定です。
ここ北陸は、冬場は基本的に天候が悪く、雪が降り始めるのは年末です。

工程としては、12月初旬に着工し、年末休みまでに棟上げをし、ある程度の外壁と屋根工事をしたいと業者が言っておりました。

そこで質問ですが、雨風に建築資材がさらされると、柱、断熱材(ネオマフォーム)などは水を吸収して劣化してしまうでしょうか?

また、濡れたまま組み立てていったとすると、その後、その建築資材はどうなりますか?家の内部で、時間とともに乾いていきますか?それとも、カビてきたりしてしまいますか?

気温が低いときの基礎打ちはよくないとの話はよくありますが、そのほかの建築資材についても教えてください!!

人によっては、冬場は乾燥するから、むしろ良いという人も…

閲覧数:
1,510
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mas********さん

2009/11/1202:04:12

上棟という表現を使用されているので在来だと思われますが、在来の場合上棟してしまえば養生さえきちんとしていればそんなに濡れる心配はないと思いますよ?柱は劣化よりも乾燥したときの狂いが心配です。(無垢材の場合)
しかし全体的には問題のないレベルだと思います。

基礎は気温が低いと固まりにくいため特に寒い地域では添加剤をいれます。強度が若干弱くなるようですがそんなことよりきちんとした分量で水と混ぜて強度が出ているかの方がよっぽど心配なので(日本全国心配はあるという事です)あまり気にやまなくてもいいと個人的には思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる