ここから本文です

どうして地球が出来たのが46億年前って分かるのですか?

tat********さん

2009/11/1117:01:40

どうして地球が出来たのが46億年前って分かるのですか?

閲覧数:
826
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2009/11/1201:24:49

☆どうして地球が出来たのが46億年前って分かるのですか?->

過去には 地球年齢は1万年でしたが、段々長くなりました。

地質年代測定法には
・「放射性炭素(炭素14)法」
・「ルビジウム―ストロンチエン法」
・「カリウム―アルゴン法」
・「ウラン―鉛法」
などがありますが、同じ資料から 別の結果がでます。

示準化石↓ を想定して 放射年代測定法を使い分けています
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BA%E6%BA%96%E5%8C%96%E7%9F%B3

最古の隕石(と生物)の発見には
最も古い値が出る 「ウラン―鉛法」で測定し、36億年前でした。

生物が進化するには 10億年あればいいだろうとなり、46億年前としました。

また、ヘリウム半減期から 太陽の年齢を50億年と推定し、
4億年程度あれば 地球ができていいだろうと 46億年前が使われています。
-
ですが・・

「太陽系形成標準モデル」の矛盾
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1022220710
「円盤仮説」・「微惑星仮説」が有力とされているようですが、
コンピューターシュミュレーションでは、
固まる前に太陽に落ち込んでしまうらしい

進化論が正しいことを前提に、放射年代測定法を使い分けている。

地球の年齢が
46億年と断定することは絶対にできないということです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1220010357
「ウラン―鉛法」で月の石を測定すると・・・地球より古く 53億年前、70億年前・・・
200億年前の石も見つかった。

年代記決定の問題・・
若い地球を示す地質時代測定法とその年数

測定法 地球の年齢
放射性崩壊によるヘリウムの量 17万5000年以下
ポインティング=ロバートソン効果 10万年以下
惑星間の塵の存在 10万年以下
炭素14の近況不均衡 3万年以下
短周期彗星の存在 1万年以下
磁場の崩壊 1万年以下
海洋に溶け込んだニッケルの量 9000年以下
大気中の流星塵 地球が新しいこと示す。
大陸部移動説 (氷冠破壊説) 生命の起源が新しいことを示す。

地球の年齢はもっと短いと考えられる証拠がいくつもあることに
目をとめて頂きたいと思います。

質問した人からのコメント

2009/11/18 18:47:11

降参 詳しい回答ありがとうございました。
僕にはまだ難しすぎるみたいです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ぽんきちさん

2009/11/1121:25:50

「放射年代測定」という方法を使います。
ウランなどの放射性元素の半減期から求めるのです。

luc********さん

2009/11/1120:18:20

隕石は出生証明書です。ダイヤモンドも元々爆発した星からできるものです。太陽系が誕生する前、超新星爆発があって、その破片がまだ沢山宇宙にさ迷っています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる