ここから本文です

心理学の実験とは具体的にどのようなことをするんですか。

kiy********さん

2009/11/1417:54:31

心理学の実験とは具体的にどのようなことをするんですか。

閲覧数:
1,198
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wak********さん

2009/11/1421:03:15

色々ありますが、私が実際にしたものの一例をあげておきますね。

●ストループ効果の実験
シールの色を答える、文字を答える、文字の色を答える、という実験です。片方の刺激がもう片方の刺激の処理を邪魔します。

●ミラーリュラーの錯視の実験
同じ長さの線でも、その両端に外向き・内向きの矢印があると、長く感じたり短く感じたりします。矢印の角度により、錯視の度合いが異なります。

●顔の認知の実験
パソコン画面に、目元or口元の写真が出て、それがだれかを判断します。どのようなことをみる実験なのかは教えてもらえませんでした…。

●学習の転移の実験
左手で鏡ごしに星をなぞり描きし、次に右手で鏡ごしに星をなぞる練習をなんどもして、そのあと左手でまた星のなぞり描きをします。右手の学習が左手に転移する、という実験です。

●視野闘争の実験
左右の視野が完ぺきに分かれる装置に、左右で違う色の円を置き、左右の目それぞれで見ます。左右の視野が戦うように、次々に色が変わっていきます。個人的には一番感動しました。

●間接プライミング実験
看護婦、という言葉の後に、医者、と、椅子という言葉を出して、その言葉の処理速度を比べます。具体的には、漢字の正誤判断課題を出して、どちらが早く答えられたか、をみます。大抵、看護婦―医者のように、つながりのあるものの方が反応時間が短いです。

●音読実験
小説を音読した場合と、黙読した場合の、その後の理解度を求める問題の正答率の違いを見ます。

●効果に関する実験
なんらかの行為をした前後の、気分や、生理反応、筋緊張等の差を見ます。私がしたことがあるのは、箱庭、臨床動作法、コラージュです。


●偽記憶
いくつかの単語を覚えてもらう課題で、実際には存在しない単語を、確かに課題にあった単語だと答える。または、ある男性の写真を見せて、その後写真を見ないで問題にこたえるとき、「ネクタイの色は何色でしたか?」ときかれると、本当はネクタイをしていなかったのに、記憶の中の写真ではネクタイをしているきがしてくる、といったもの。目撃証言の信憑性を問う中で出てきた実験のようです。


ほかにも、色々な実験があります。図書館にある本に、たくさん書いてありますよ。
それと、同じ効果をみる実験でもいろいろな手法がありますので、私が今回あげたものはほんの一部の例だと思ってください。

質問した人からのコメント

2009/11/21 09:07:28

感謝 皆さん、わかりやすい回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

maz********さん

2009/11/1418:04:36

いろいろな種類がありますが・・・。
例えば、用意されたビデオや音楽を視聴して、その前後にどのような気分か尋ねるアンケートに答えたり、器具をつけておいて心臓の動きを調べられたりします。
ビデオや音楽ではなく、コンピューターを使って誰かとゲーム(投資ゲームなど)で対戦することもあります。

また、マウスやモルモットなどで実験することもあるようです。迷路を走らせたりするとか・・・。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる