ここから本文です

石英管ファンヒーターとハロゲンヒーターの違いをおしえてください。

hkrn47711さん

2009/11/1820:31:54

石英管ファンヒーターとハロゲンヒーターの違いをおしえてください。

こたつをネットで購入しようと思っているのですが、
石英管ファンヒーター 600Wメトロ社製 MSU-600E と
ハロゲンヒーター 600WMHU-600E があります。

(ハロゲンヒーターのほうは、一時間あたり強4.4円、弱1.8円と書いてあります。)

どちらが、おすすめでしょうか?

閲覧数:
41,141
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2009/11/1822:49:21

基本的にはかわりません。

旧来の石英管の発熱体は、石英管のなかにニクロム線が入っていて発熱します。
対してハロゲン管のほうも石英管で出来ていますが、こちらはタングステン線とハロゲン化合物のガスが封入されいます。

大きな違いは、発熱温度です。ハロゲン管のほうが高温になり、発熱の反応が早いということです。
メーカーの言い分では、発熱温度が高いほうが「遠赤外線効果」が高まる・・・ということらしいですが、実感はありません(笑)

電気代は同じです。同じ600wの消費電力なら、電気代も暖まり方も同じです。
電気代の例が書いてありますが、アテにはなりません。
コタツは設定温度になると、電源が切れるでしょう?・・・ON/OFFの繰り返しですから、1時間いっぱい通電はしていないということです。
1時間あたり4.4円の根拠は、600wの消費電力だけど、20分通電して40分休んでます・・・ということです。

質問した人からのコメント

2009/11/20 20:57:00

驚く なるほど、あんまり気にしなくてもよさそうですね。質問してよかったです。ありがとうございました。ountrvoldさんも分かりやすい回答ありがとうございました。

「石英管ヒーター」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

countryoldさん

2009/11/1821:52:57

簡単に説明しますと
石英管はガラス管の中にヒーター(ニクロム)を通して通電、発熱をさせている。
ハロゲンはガラス球の中にガスを充填、フィラメントに通電、発熱をさせている。

詳しい商品詳細を調べてませんが、電気代はどちらもそれほど代わらないと思います。
こたつ布団を大きいサイズにして隙間を作らないようにする。
また、厚手のふとん或は二重・三重にして放熱を防ぐ。(床面はアルミ反射材等で防止)

ファン式は内部の空気を巡廻させてくれるので単純に考えると満遍なく暖かい。
ハロゲン式は影になってしまうと・・・・

ファン式はファンの寿命が余分にある。 ハロゲン式は点灯中の衝撃で切れる可能性が高い。

一長一短はそれぞれありますが、ファン式の方がベストではないかと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。