ここから本文です

10日前私の不注意で八ヶ月の息子に大火傷をおわせてしまいました。 診断は右顔面...

neomonotoneさん

2009/11/1900:16:44

10日前私の不注意で八ヶ月の息子に大火傷をおわせてしまいました。
診断は右顔面、右腕、両足の甲に二度熱傷(右腕の二カ所は深く、まだ上皮化できてません)
広範囲だったため点滴管理が必要で、総合病院に入院中です。
入院時消毒はしないと説明をうけたので浸潤療法なのだと安心していたのですが、日々の処置を見ていて不安になり質問させてもらいます。

入浴(石鹸使用)

クロマイワセリンを塗ったガーゼで創部を覆う

包帯

ラップやデュオアクティブ等使わなくてもワセリンによって浸潤環境が保たれているということなんでしょうか?
処置中毎日大泣きしているのも気になります…

補足処置中大泣きしてるのが気になったのは浸潤療法だと痛みがないと聞いていたからです。
後悔しても謝っても息子に痛い思いをさせてしまった過去は変わらないことに今も胸が痛んでいます。だからこそせめて治療だけでも…。
決して暢気なつもりで質問したわけじゃなく、いまの治療が本当に浸潤療法なのか気になり質問させてもらったのですが、koko_kiki_0911さんに不快な思いをさせてしまい、すいませんでした。

閲覧数:
2,126
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

turuchan_40さん

編集あり2009/11/1922:35:03

fubukinuenoさんに補足です。

両手の深い火傷を、ネットで見つけた湿潤療法の病院で簡単に治した経験者です。
文面からすれば、その病院の医師よりも質問者さんの方が火傷の医療には、詳しいようです。
純粋な湿潤療法では、湿潤療法用の被覆材を使用しますので、わざわざガーゼを使用しません。たとえ軟膏を厚塗りしても引っ付きます。もちろん皮膚も自分の再生能力で治りますので、何も塗りません。
最近では、湿潤療法の人気を知って、皮膚が治っていくメカニズムが判らないまま、中途半端な湿潤療法を行う医師が増えてきた事も良く耳にするようになりました。
いずれは、「純粋な湿潤療法」に変えていくと思いますが、現在のところは、これはれっきとした、ヤブ湿潤療法です。

湿潤療法の病院での処置で、子供さんの笑い声は良く聞きますが、泣き声を聞く事はありません。あなたの子供さんの泣き声は、すでにガーゼが火傷面に引っ付いて同化したものを剥がす時に、あなたに助けを求める悲痛の叫び声(訴え)だと思います。そう聞こえてませんか?

まだ中途半端(上皮化してない)な状態ですので、湿潤療法を受けても間に合うと思いますので、下の回答のサイトの病院への早急な転院をお勧めします。
純粋な湿潤療法を行っている医師は、こういう傷害治療に合っている子供たちを救えます。
また、(設備がある病院の場合ですが)広範囲な熱傷でも治る(治せる?)事が判っていますので、ビビりません。

こういった、泣き声を伴う治療は、最初の回答者だけが受けていれば良いのです。
5年後には「純粋な湿潤療法」が一般化していると思いますが、その時に後悔しないためにも、正しい治療の選択が、子供さんのために、あなたが今一番しなければならない事だと思います。

長文失礼しました。




―補足します。―
火傷の経験がないような者に気を使う必要はないですよ。
それよりも、「湿潤療法」が正式な治療法の名称で、「浸潤療法」ではありません。

御存じの事とは思いますが、湿潤療法を立ち上げた夏井医師のサイト<新しい創傷治療>
http://www.wound-treatment.jp/
この中をくまなく、ゆっくり読まれると良いと思います。

私もこのサイトを、他の火傷治療のブログから見つけて一晩熟読して、次の日に湿潤療法の病院に転院しました。私の場合は範囲は狭いですが、植皮の化膿性が大でした。

その治療経過のブログも貼って置きます。
http://ooyakedo.exblog.jp/
全く痛くなく、早く、簡単に治りました。
参考になると良いのですが。

質問した人からのコメント

2009/11/23 06:38:15

降参 湿潤療法ですね、失礼しましたm(__)m
お二人の回答に後押しされ、主治医に被覆材について相談すると『浸出液も減ってきたので使いましょう』と金曜からビューゲルを使用しています。
感染を懸念していたようで…、転院も考えましたが1番近いところで1時間半。紫外線が心配なので難しく、今の主治医と湿潤療法を進めていきたいと考えてます。
また質問させてもらうかもしれませんが、その時はよろしくお願いします

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fubukinuenoさん

2009/11/1910:10:33

その病院は湿潤療法の処置はしていません。湿潤療法をお考えなら転院をお勧めします。とはいえその大ヤケドを受け入れてくれる湿潤療法の病院を探す必要はありますが。以下サイトで調べて受け入れ可能か電話して聞いてください。
http://www.wound-treatment.jp/burn.htm

転院が無理な場合、少なくとも今のお子さんの処置時の痛みを軽減するためにガーゼをやめてラップに変更してもらえないか看護師さんに相談してください。抗生剤も点滴も入ってるから感染症は予防できてるはずです。保護剤をガーゼにする必要はないはず。はがすときも痛いのでラップにしてあげたほうがいいと思います。ガーゼよりは痛くないです。
浸出液を排出させたい、という治療であればラップではなく介護用のおむつや生理用ナプキンのような素材を使用してもらう、という手段もあるかと思います。お金の話になるのならこれもその辺のドラッグストアで買えるものなので持ち込ませてもらったらいいと思いますが。

深い2度熱傷であれば上皮化までは2週間はかかると思います。腕以外の部分がもう上皮化しているならその部分に関してはクロマイである必要はなく普通のワセリンでいいかと思うんですが、念のためでしょうかね。

2009/11/1907:48:26

>処置中毎日大泣きしているのも気になります

そんな大怪我してるのに痛みがあるのが当たり前でしょうよ!
泣くのが当たり前!!
暢気な母親で宜しいこっちゃ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。