ここから本文です

公認会計士資格取得を目指すべきか、就職活動にシフトするべきか。 現在慶應大...

por********さん

2009/12/1517:15:49

公認会計士資格取得を目指すべきか、就職活動にシフトするべきか。

現在慶應大学の3年生です。
公認会計士という仕事に興味を持ち、資格試験の勉強中です。

先日行われた12月の短答式試験を受験したのですが、恐らく合格ボーダーには届いていないと思います。
今は来年の6月の短答式試験に向けて勉強しているのですが、会計士の数が増えて余っており就職も難しいという現状を考えたとき、このまま勉強を続けるべきなのかどうか疑問に感じ今回質問させていただきました。

私は今まで「公認会計士という職業以外は全く眼中にない」という気持ちでいたのですが、果たしてそこまで拘って会計士を目指すほど、今のこの資格に価値があるのだろうかとふと感じました。

私が会計士を目指している理由は、①会計士は高収入で安定した職業であること、②漫然と就職活動をして偶然引っかかった会社に行くというのが嫌だから、折角なら目標を持って大学生活を過ごしたいということです。
専門学校の説明会では、会計士は他の職業に比べ、収入も良く、そこまで出世争いするようなこともなく、資格さえ取れればこの先安泰だ、みたいなことを言っていました。
もちろん専門学校はある程度盛って宣伝をしているとは思いますが、上記のようなことはあながち嘘ではないと思います。
しかし、現在では状況が変わってきていると思います。
資格を取得できても就職できない人が増えてきていますし、就職できても人数が余っている状況で、監査法人は本当に魅力的な職場なのでしょうか?
死ぬほど勉強して取るほど、会計士の資格は必要でしょうか?
他の職業も現在就職難であることは痛いほど分かっています。
しかし、資格試験を諦めて就職活動にシフトする場合、そろそろタイムリミットが迫っていると思います。
今まで頑張って勉強してきたことを考えると、諦めるのも辛いですが…。

上でも述べていますが、会計士一本で考えてきたので、他に特に就きたい仕事が今あるわけではありません。
ただ、会計士を目指していたのは、仕事内容も興味がありましたが、それよりも安定性や収入という面で惹かれていたところが大きいです。
他の職業でも、ある程度誇りをもって出来るような仕事で、安定性や収入もそこそこなら受け入れられる気がします。

このような私の考えを聞いて、資格試験の勉強を続けるべきか、就職活動を始めるべきか、ご意見を頂けたらと思います。
特に現役の会計士の方や、資格試験に合格して監査法人に就職予定の方などから、他の職業と比べた場合の現在の会計士の魅力ということについてお聞きしたいです。
よろしくお願いします。

閲覧数:
5,330
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

apr********さん

編集あり2009/12/2116:12:30

私は最近合格しましたが、試験は頑張ったら必ず合格するものではありませんので、新卒がゴールドカードと言われる現状では、就職が決まらず大学卒業に至る場合のリスクをよく考えた方が良いです。
また例え合格しても監査法人等に就職できる保証もありませんし、
様々なリスクを考慮しても挑戦する価値があると思い、また挑戦できる環境にあるのなら(特に金銭面)就活しなくとも良いと思います。
期限を設けたり、不合格の場合や合格後就職できなかった場合どうするか、どんな道があるか予め考えてみたらいいかもしれません。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

acc********さん

2009/12/2116:55:38

新卒のカードをどう考えてるかによるかもしれませんね。
これは一度しかないある意味最強のカードですよ。
使って、だめなときにまた目指すかどうかを考えてもいいと思います。

試験は個人的には2011年あたりに合格を狙うのがいいのかなと思ってます。
国際会計基準導入でおそらく試験内容がガラリと変わりそうな予感がするんで。

新卒カードはいらないと思うなら、目指すべきです!
後悔のない選択が出来るといいですね!

kak********さん

2009/12/1909:56:31

合格して監査法人で働いています。

諦めて就職されればよろしいのではないでしょうか。
勉強辛くて辞めたくなるのはよく分かります。

tak********さん

2009/12/1701:21:43

今年合格した大学4年生です。
就職難の時代ですが、数を増やす方向は変わりません。国際会計基準など今後は会計士の活躍のフィールドは広いです。
また来年以降は一般企業でも会計士を広く募集する可能性が高いですし、年齢が若いので監査法人に就職できる可能性もあります。
勇気をもって就活にシフトするのも手かもしれませんが特に就活期間になると、会計士の魅力を今まで以上に感じるようになるはずです。
今の実力にもよりますが、この時期にあきらめるのはもったいない気がします
後悔しない道を選んでほしいです。

ika********さん

2009/12/1701:06:03

会計士はここ数年バブルだったんだよ。
だから、おいしく見えた。

資格バブルははじけたんだよ。
はじけた後は一番つらい職業にしばらくなるよ。
弁護士と会計士は人材の墓場

将来大手のパートナーになれるのは年間100人くらい。
100人でも100人×30年=3000人
(現状、最大手監査法人でも700人くらい)
年間3000人も合格すりゃあ、逆ピラミッドにでもしない限り
希望しても十人に一人以下しかなれない。上場企業で出世するのと変わらなくなる。
大量合格者がキャリアを積み十年以内に、9割の人は30代で転職予備軍。
(今までの残ろうと思えば簡単にパートナーに成れたのが異常)
合格者を増員した時点でこうなるのはわかりきっている。

これからはしばらくは医者と地方公務員が特権階級だよ。
それもいつまで続くか。

安定・高収入の仕事だと、みんなが認識した瞬間、
流入が増え、バブルはふくらみ、最後ははじける。

監査が本当にやりたい仕事なら、勉強を続ければ良いし、
安定・高収入が目標なら、しばらくはおいしくないので、就職活動を平行して、公認会計士に合格しなかったら、専念なんてしないでとっとと就職すべき。
就職活動を本気ですれば、やりたい仕事も見えてくる。

mhi********さん

2009/12/1612:54:09

今は、監査法人に入れない人や会計士補から会計士になれない人、監査法人でコピー取りや電話番など、厳しいです。
その代わり、出来る人は今でも独立して儲けれます。用は、客商売なので資格は資格でしかないです。

ただ、金融なんかでは活かせるので無駄ではないです。かなりの強みになるでしょうし、給与も30過ぎれば1000万もらえる銀行もあります。
他にも、国税とかだと安定は出来ます。

ほんとは仕事が出来て、引手数多で安定するのが1番なんですが・・・

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる