ここから本文です

ミンククジラは海のゴキブリですよね? 100万匹もいるんだから、いくら殺した...

tak********さん

2009/12/2701:20:50

ミンククジラは海のゴキブリですよね?
100万匹もいるんだから、いくら殺したって構わないですよね?

家畜から一キロの肉を得ようと思えば100平方メートルの土地から取れる作物が必要だそうです。そのため森林破壊が進み、大量の農薬による地球汚染にも繋がっています。
一方ミンク一頭から牛十数頭分の肉が取れます。
だったらミンクを殺して少しでも家畜を飼う数を減らしたほうがエコですよね?

補足>他にも沿岸捕鯨操業の問題点を否定してたり、挙句「この国の捕鯨を支援する立場にない」とまで宣言しています。
「捕鯨を”全面的”に支援する立場にない」でしょ。歪曲しないで下さい。
この本には一貫して捕鯨反対国への怒りが充ちています。最後の数ページで急にトーンが変わるのは白人としての「政治的判断」が働いたからでしょう。
『美味しんぼ』でもよくあることですね。
あなたこそ、あとがきしか読んでないんですか?

閲覧数:
2,455
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hik********さん

2009/12/2712:54:12

その通りです!!
家畜肉よりも野生獣肉を食べる方がエコです!!

環境破壊の産物である畜肉の口当たりが良いばかりに、イノシシを始めとする獣肉の需要は落ち込んでしまったのです!でもこの間イノシシの処女肉を食しましたが豚肉なんぞ話しに成らんくらい美味しかったです。

ミンククジラも美味な獣肉の一つです。海にはウヨウヨいますね。南氷洋のゴキブリです!!
捕っても問題ないですから、捕って捕って捕りまくりましょう!そして食べましょう!!

質問した人からのコメント

2009/12/27 14:28:41

笑う こ・ろ・せ こ・ろ・せ
二十世紀初頭は8万頭だったのであと68万匹殺しても大丈夫です。

rozamistikaさん
>詐欺的に引用
そりゃあんたでしょ。
>増加はしてない
環境収容力が限界になっただけの話です。小松正之さんの本にもちゃんと書いてあります。ゴキブリと同じです。
>北半球のミンククジラは別種
知ってまんがな。
nobu_moon0175さん
>認識の甘さが取り返しのつかない結果をもたらす
ハイ。肝に銘じます。


有難うございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

roz********さん

編集あり2009/12/2711:20:59

残念ですが、これも世論誘導のウソです。

どの辺がうそなのか?。
二種類の動物の合算した、数値である点がまずウソです。
南半球と北半球のミンククジラは別種で、それぞれクロミンククジラとミンククジラに分けられます。
グリズリーとエゾヒグマをチャンポンにして、生息数を出して、大丈夫とは片腹痛い妄言甚だしいといったところですが、問題はクロミンククジラが別種であるという輝かしい功績は、日本が捕鯨で得た成果で明らかになった事で、つまり日本は科学的に優れた結果を確かに集めているのに、一般への啓蒙では逆にそれを無視、或いは捕鯨に都合のいい情報へとすりかえます。

もう一つは、クロミンククジラの生息数76万頭+ミンククジラで百万頭という話なのですが、76万頭の数字は1988年の調査に基づいており、現在では多く見積りすぎたから40万頭というのが定説になっていますが、古い数字の方が都合がいいらしく・・まあIWCも古い数字を未だに出してるので、まあしょうがないか。
これに基づくと、35万頭は見積もり過ぎという事で、なかったことになります。

海のゴキブリなどといいますが、1970年に捕鯨を開始して以降、増加はしてないそうです。
これも日本の捕鯨による輝かしい科学的な知見ですが、これも一般への啓蒙では語られません。

ちなみに、76万頭のうち毎年2000頭捕っていいという事になっており、日本は千頭弱捕ってますが、数万頭捕っても大丈夫という人がいたので、死亡率(毎年9%、シャチという天敵がいる)でかけたら、十年ちょっとでクロミンククジラが絶滅しちゃいました。
増加率を足してはいません(増加にも上限はあります、餌や生息域が許さない限り、無限に増えたりはしません)が、延々と利用するつもりなら、あまり捕りすぎないのが一番でしょう。
40万頭だと、絶滅まで十年切りました。

追伸
takashipancaseless様、貴方はニコル氏の「鯨捕りよ語れ!」から引用していましたが、この本を殆ど読んでいませんね?。
この本ではニコル氏は反捕鯨運動が人種差別だとするのは捕鯨国と一部の反捕鯨主義者がそうしたがるのだと、否定しています。他にも沿岸捕鯨操業の問題点を否定してたり、挙句「この国の捕鯨を支援する立場にない」とまで宣言しています。
ちゃんと読んでたら、あんなつまみ食いみたいな引用はできないでしょう。
もっとも、詐欺的に都合のいい部分だけを意図的に引用したというのであれば、別ですが。

古畑任三郎でした。

nob********さん

2009/12/2705:40:50

>100万匹もいるんだから、いくら殺したって構わないですよね?
そんなことはありません。かつて50億羽(!!)いたと言われたリョコウバトは、アメリカ人などによって絶滅させられました。7000万頭いたバイソンも絶滅寸前まで追いやりました。「構わない」って思う認識の甘さが取り返しのつかない結果をもたらすことを学ぶべきです。

とはいえ、私はクジラの捕鯨禁止には大反対です。今まで散々乱獲していた欧米人が偉そうに言うべき問題ではないと思います。
クジラもマグロも、養殖技術が発達したら、問題は解決するのでしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる