ここから本文です

宇宙が膨張と収縮を繰り返すというのはありえない事なのでしょうか?

spe********さん

2010/1/401:57:19

宇宙が膨張と収縮を繰り返すというのはありえない事なのでしょうか?

相対性理論上ではありえないらしいですがどうなのでしょう。

閲覧数:
194
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hal********さん

2010/1/402:00:43

理論上だけなら、閉じた宇宙としてありえるとされています。宇宙の全質量の引力がビッグバンのエネルギー以上なら、やがて引力によって膨張は鈍り、収縮に転じ、また1箇所に集まって、再びビッグバンへ、という理論もあります。ただし宇宙の全質量がわかっていないので、成り立つかどうかは不明です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bab********さん

編集あり2010/1/815:18:49

サイクリック宇宙論(超ひも理論)
京都大学の先生が言い出しています。

今の宇宙はビッグバンとビッグクランチそしてまたビッグバン、
というサイクルを50回ほども繰り返してきたと考えることで
インフレーション理論を置き換えることが出来るという主旨。
50回は、宇宙の膨張速度の上限と現在の宇宙の大きさのから割り出した回数。

超ひも理論を解くと、プランク時間/プランクの長さを超えると
半分は2倍に等しいという奇妙な性質「ティ・デュアリティ」があるのがその根拠です。
ひもの絡み付きモードから半分と2倍は見分けられないのが理由ですが、
超ひも理論自体が発展途上ですので、この先どう転ぶかは分かりません。

ホーキングによると
「宇宙は非常な大きさまで膨張するが、最後には、実時間では特異点に見えるものに再び崩壊してしまうだろう」と言ってました。(ホーキング宇宙を語る)
これは撤回していません。
彼は1985年に日本に来た時に、京都大学で講演して、
宇宙の未来は時間の流れが逆転するという衝撃的な説を発表しましたが
これは後に撤回。
(エントロピーがどんどん減少、すると時間も逆転する)

観測事実によると繰り返し説はかなり分が悪いですが、
全くありえない事ではないでしょう。

dak********さん

2010/1/409:30:51

その説はホーキング博士によって提唱されたものですが、後になってホーキング博士自身がその説を撤回し否定しています。
放った本人が否定してるんだから、つまり、ないんでしょうね・・・。

nay********さん

2010/1/408:42:44

個人的な考えとしてはありえると思います。
そういう考えを色々な状況の元で説明してみました。私の別IDです。先ず一番上がその証拠の元です ↓
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_collection.php?writer=k...

大前六郎さん

2010/1/406:09:19

宇宙はそんなに単純なものではないと思います。
宇宙は一様に膨張しているのではなく、膨張しているところも収縮しているところもある。
この銀河系は三十数億年後にアンドロメダ銀河とぶつかるとか。

宇宙がビックバンでできたとすると、最初は超超巨大なブラックホールであったはず。
ところが超超巨大なブラックホールはありえない。
とてつもなく大きなブラックホールは宇宙に見つかっていない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる