ここから本文です

特許出願の明細書で「発明の詳細な説明」は簡潔にまとめて短い文章(300字程度)で...

alf********さん

2010/1/417:36:29

特許出願の明細書で「発明の詳細な説明」は簡潔にまとめて短い文章(300字程度)でも大丈夫でしょうか?

閲覧数:
233
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tri********さん

2010/1/513:11:06

大丈夫かどうかは、本当に、内容次第です。
字数だけで判断できるものではありません。
しかし一般的には、300字程度では、かなり恐ろしいです。
なぜなら、普通、特許を取得するまでに請求項の補正をするのですが、
出願当初の明細書等の範囲を超えて補正ができないからです。
どんな拒絶理由が来るかわかりませんから、
後悔しないためにも、十分に書いておくべきかと思います。

質問した人からのコメント

2010/1/11 20:23:47

感謝 trillさんeigoさんありがとうございます。参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

eig********さん

2010/1/510:31:26

あなたの発明を理系大学卒業したばかりの新社会人に教えてあげる程度に書いてください。
新社会人はある程度の数学的知識、物理的知識はありますが、
あなたの発明の技術分野については全くのど素人です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる