ここから本文です

太陽光発電設備工事の安全対策について

gar********さん

2010/1/611:18:32

太陽光発電設備工事の安全対策について

折半屋根に太陽光発電設備の工事を施工するにあたり、落下防止処置として親綱等を張りたいのですが、どうしても支持する所が無く困っています。
住宅用ではなので、住宅用の安全装置は色々あるのですが、折半屋根に関しては見当たりません。何か良い方法あれば教えてください。

閲覧数:
2,299
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ble********さん

2010/1/904:02:17

屋根端部、つまり外壁に沿って足場(枠組など)を立てるしかないと思います。そして、端部屋根面+1m程度のところに親綱を張ることになります。最低限、足場は連続していなくても、建物隅部には必要でしょう。

昇降設備も必要だと思いますが、足場内に設けることが可能になります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

chi********さん

2010/1/1117:43:19

折半屋根の自体を固定しているボルトが折半の波ごとにあると思います。
それを3・4箇所利用して、鋼材を固定し、親綱をかけるというのはどうでしょう?
ボルトの径と折半屋根の固定方法によっては、ちょっと不安ですが・・・

もしくは折半自体に穴をあけて、屋根下の鉄骨と折半ごとを挟みこむように鋼材を設置する。
(穴あけの位置だしが難しいかもしれませんが・・・)
折半の穴あけ部分は、ゴム等の雨水浸入措置を行う必要があると思います。
こちらの案は、鉄骨までの高さによっては大掛かりになってしまいますが、より安全に行えると思います。

どちらの案も雨水の侵入対策だけは万全に。


このケースでは、太陽光パネル自体は、折半上部だけでの固定なのでしょうか。
風圧により、ボルトが緩むことがないように考慮されているのでしょうか。
普段人が行かないところだけに、それもちょっと不安ですね。


どちらも施工用としてだけではなく、設置後のメンテナンスでも使用すると思われますので、お客様に永久に残す話をして施工するべきだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる