ここから本文です

熱気球とスカイダイビングってどっちが気圧の変化激しいですか??

kag********さん

2010/1/821:01:38

熱気球とスカイダイビングってどっちが気圧の変化激しいですか?? 今度友達とオーストラリアに行くのですが、オプショナルツアーを何にするか迷っています。

私は非常に耳が弱くて、飛行機とか乗っても耳抜きが出来なくて、上手く出来る時も

たまにあるのですが、悪い時だと乗っている間中、涙が出るほど痛かったこともあります。

しかし、今回の旅で、友達と、熱気球かスカイダイビングかスキューバダイビング

をやろうかという話が出ています。

そこで質問なのですが、どのアクティビティが一番耳に負担がかかるでしょうか。
耳抜きが苦手なor出来ない人はやらない方が良いものがあれば教えてください。

私が、スカイダイビングが無理かもという話になったので、熱気球にしようかという話が
出ているのですが、調べてみると熱気球も相当高くあがるみたいです。
気圧の変化が心配です。

補足スキューバの方がスカイより負担は大きいのですねー。

スカイは耳がどれぐらい痛くなるんだろう。

耳が痛くなるかもしれないから、スカイを本当は体験したいけど、見学にするってのはもったいないでしょうか?

閲覧数:
1,131
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ang********さん

2010/1/1015:49:54

スカイダイビングは未体験ですが、
熱気球には乗った事があるダイバーです。


熱気球、スカイダイビング、スキューバダイビングを耳に負担が掛かる順に並べると、
『スキューバー≧スカイ>熱気球』 だと思います。

スカイダイビングは、上空数千メートルからジャンプするので、
上空に上がるまでの気圧の変化と、ジャンプしてからの急激な気圧の変化が
耳に負担になると思います。(未体験なので、想像です)


スキューバダイビングは、体験だと思いますので、-10mくらいの深度です。
-10mで1気圧掛かりますので、スカイダイビングよりも気圧の変化は大きいです。

ただ、スカイダイビングのように否応無く圧力の変化があるのではなく、
自分で浮力を調節しながら、潜降(水の中に沈んでいく)する事ができます。


熱気球は、上空数百メートルまでしか上昇しませんので、
目を閉じていれば、気球が揚がったのすら感じないくらいの気圧の変化です。


なので、耳抜きに不安があるのでしたら、熱気球がいいと思います。

私が体験したのは、カリフォルニアだったのですが、
早朝熱気球に乗って上空から地上を見ると、とても気持ちがよかったです。

また、着陸した地点で朝ごはんだったのですが、
シャンパンとサンドイッチで、ちょっと優雅な気分にもなりました☆

質問した人からのコメント

2010/1/15 16:41:46

感謝 気圧と水圧の差がとてもよく分かりました。
他の皆様も気球の情報などありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2010/1/1418:13:00

トルコのカッパドキアで気球会社を経営しています。
熱気球以外はわかりませんが、熱気球で気圧の変化は感じたことがありません。
何度も乗っていますが耳が痛くなったこともないです。
気球は急上昇、急下降をしないので大丈夫だと思いますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる