ここから本文です

小売の平均的粗利率って何%くらいなのでしょうか??

presecond_lifeさん

2010/1/912:31:25

小売の平均的粗利率って何%くらいなのでしょうか??

これから小売をやっていくので、目安として知りたいと思います。

閲覧数:
28,967
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

botapackyさん

2010/1/912:52:42

コチラを参照して下さい
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syokozi/result-2/h2c5kaaj.html

大企業で26・4% 中小企業で29%程ですね

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ewellwestさん

編集あり2010/1/1112:07:44

売価 - 仕入れ価格 = 粗利

上の式で良いとした場合で回答します。この場合は
販売管理費や支払い利息、家賃、租税公課等の
経費を除くとしたものです。

この場合は業態によっても異なってきます。

ホームセンター・ディスカウンター 15 - 25%

スーパー・GMS 20 - 35%

個人商店 20 - 40%

この幅があるのは地域価格や方針が異なる点に
あります。

複数店舗がある場合、本部で価格を統一するところも
あれば、店舗別に決めているケース或いは商品によって
店舗別に価格を変えている場合等様々です。

また、個人商店の場合は、仕入れ価格が量販に比べ
高いのですが、地域によっては敢えて目玉、超目を揃えて、
薄利多売を行うとしています。こういう場合は従業員は
雇わず、家族経営で固定費を抑えます。

仕入れ価格ですが、個人だとメーカー直は厳しいので
問屋経由になります。一社に絞って、価格交渉して
仕入れ価格を下げることにより、粗利は変わってきます。

また、倉庫として十分な場所があり、定番として常時
売れるのであれば、まとまった量で仕入れて、仕入れ価格
を低減することも可能です。

あと、扱う品ですが、生もの(生肉、鮮魚、生鮮、花等)
があれば、これの廃棄分のロスも考えなければなりません。
これらの商品の約10-15%はロスになります。それ以上の
ロスだと扱わない方がいいと思います。

このような生ものが占める割合が多くて、且つロスが高ければ
利益を更に押し下げます。

規模が大きくなると今度は業者からの販売応援やリベート
でのプラス面が出てきます。

個人で始められるのであれば、まず何を扱われるかで粗利率は
変わってきますので、一概にこれとは言い辛いものもあります。
また、粗利は高いが、他の経費を引けば殆ど残らないとなると
従業員はどうするのか、また自己所有の不動産店舗でできるのか
とか、またまた考えなければなりません。

ですので、上記はあくまでも目安になります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。