ここから本文です

進化系統図

woi********さん

2010/1/1020:56:42

進化系統図

進化系統図ってありますよね。動植物の進化の歴史を図にした、木の根っこみたいな物。進化系統図では、枝分かれした系統が再び混ざり合う事はありません。しかし実際にはラバやゾース(異種交配)の様に枝分かれしたものが、再び一緒になる事例があります。人間が意図的に作らなくても、自然界で異種交配はよく有り得て、枝分かれした進化系統図が再びくっつく事くらい有りそうな気がします。
そこで質問は、
1.進化系統図は、どうして枝分かれだけをして、再びくっつく事がないのですか。
2.ホモサピエンス(旧人)とネアンデルタール人は、ヨーロッパ地域で勢力争いをしていた事が分かっています。交配の可能性を指摘する人なんて誰も居ません。絶対に不可能という事が分かっているのでしょうか。

宜しくお願いします。

閲覧数:
996
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2010/1/1023:36:31

わかりやすいモデルと偏見です。

1.進化の系統図は、再統合の部分は略してあります。
ひとつには、系統樹の先端までの時間が約30億年であるのに、再統合出来る種がそれほど長く異種交配能力を有したまま別種であり続けた、という証明が出来ません。観察しても、系統樹に書けないほど些細な部分にしかなりません。
学問上は、系統樹はもはや、あまり使いません。あんな左右対称の樹形上のものが、生物の種の進化を示してなど居ないからです。

2.交配の可能性について、質問者は情報不足で偏見があります。
「交配の可能性を指摘した人なんて誰も居ません」とはどうして思えるのですか?質問者が見たことがないだけでしょう。
ネアンデルタール人の居た証拠がない日本の研究者でさえ、DNA分析・倫理的問題を含めて研究をしています。そして、mtDNA分析からはネアンデルタール人との遺伝子交流は否定されています。
http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/11691049/2001/6/ja
ネアンデルタール人とクロマニヨン人: 共生仮説と競争仮説の検証 楢崎 修一郎 霊長類研究, Vol. 13 1997)
増進遺伝子技術利用に関する倫理的考察 川北 晃司 工学教育, Vol. 54 (2006) No. 5
ゲノム科学と人類学 太田 博樹 Anthropological Science (Japanese Series), Vol. 115 (2007) No. 2
http://www.jstage.jst.go.jp/article/asj/115/2/73/_pdf/-char/ja

以上のように、質問者には誤解があります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

umi********さん

2010/1/1212:35:06

ラバにしろゾースにしろ、雑種交配でできた子供には生殖能力がありません。
具体的に言うと、精子・卵子の形成が異常になります。
もっと具体的に言うと、減数分裂がうまくいかないんです。

つまり個体レベルではくっついても、それが一つの種として残らないのです。

2の説明ですが、ネアンデルタール人はDNAの解析が行われ、現生ヒトとは別種であることが分かっています。
しかし交配の可能性もあったようで、混血の結果、現生ヒトに吸収されてしまったとされる説もあります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる