ここから本文です

あなたの地獄の練習・特訓の思い出を教えてください。何年(何カ月)やったかも教え...

c20068142さん

2010/1/1111:25:04

あなたの地獄の練習・特訓の思い出を教えてください。何年(何カ月)やったかも教えてください。

何の練習・特訓だったかも、教えてください。何歳から何歳の間(何歳の何カ月)にやったのかも教えてください。1番「大変そうだな。」と、思ったのをベストアンサーにします。ベストアンサーの方にはコイン100枚あげます。

補足家族・知り合いなどの事でもいいです。

閲覧数:
4,534
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tarkun8さん

2010/1/1219:20:34

「地獄の練習」かどうか・・・、自分の経験を記載します。
高校時代に野球の名門校に通い、甲子園を目指すべく高校野球をやってました。
高校野球ですので期間は2年3ヶ月となりますが、
<1年生時>
100人の新入部員がいました。
この人数では自校のグラウンドのみで練習するのは不可能なので、となりの市営球場を使って練習していました。
入部した4月の練習はさほどきつくはなく、「高校野球って楽なんだな」と思っていました。
しかし5月になると、「年間費」と「入部金」という名目で約60000円を納入しました。
納入した翌日から体力的にきつい練習が開始し、1ヶ月で半数近くの部員が退部しました。
つまり野球部としては、退部者50人×納入金60000円=300万円がただで入ってきたようなもんです。
練習内容のほとんどは走りこみでした。
一日平均30kmは走りこみ、「これって野球?」と思えるほどでした。
もっと人数を減らす為にいつまでもきつい練習ばかりでした。
2年生になる頃には100人いた部員が30人位になりました。
<2年生・3年生時>
自分はレギュラーメンバーに入ったり入らなかったりでしたが、2年生になるとやっとまともな「野球」の練習になりました。
新3年生が夏の予選で負け、引退すると自分達が2年生ながら最上級生となります。
最上級生になれば精神的には楽になるかなと思いましたが、かえって「責任感」で下級生の時よりも精神的に疲れる事が多かったです。
そして練習も厳しかったんですが、ここでやっときつかった練習内容を記載したいと思います。
2年生の8月(夏休み中)、野球部の寮に入りました。
これはレギュラーメンバーに入った事の証となります。
AM6:00起床、全員で朝飯前に3kmのマラソン、AM7:30から朝食、朝からどんぶり飯2杯(チームとしてのノルマ)、そして食べる時の箸は利き手の反対の手(つまり右利きの人は左手で箸を使う)(「身体のバランスを整える為」だそうです)で食べる。
AM9:00から練習開始、準備運動、皆で声を出しながらグラウンドを10周、50mダッシュ10本、塁間である27.432mダッシュ10本、5mダッシュ10本、キャッチボール15分間(これが楽だった)、守備練習(ノック)(誰かがミスると全員でその場でジャンプ20回)(監督はわざとミスるようなノックをする)、守備練習の後は内野のみの細かな守備練習(ピックオフプレー等)(この時外野手と控えの部員がランナーをやる)、AMの練習終了。
昼食は各自自由なものを食べるが、食べているとこを監督が監視、そう、利き手の反対の手で食べているかをチェック。
PM1:00から練習再開、準備運動、皆で声を出しながらグラウンドを10周、フリーバッティング(内野手が打つ時は外野手はティーバッティング、外野手が打つ時は内野手がティーバッティング)、PM3:00から試合形式のバッティング練習(守っている時は体力的には楽だが精神的には辛い)(ひとりずつ打つのである程度ヒマになる選手が出没する為、変なミスをするとミスった選手は10kmマラソンに行かされる)(たいしたミスでもないのに10kmマラソンに行かされる事がしばしばあった)、PM5:00、走塁練習(一人ずつ走るのだが、
①内野安打の想定で一塁まで駆け抜ける
②ヒットエンドランの想定で一塁から三塁まで走る
③タッチアップの想定で三塁からホームイン
④シングルヒットの想定で一塁へ
⑤長打の想定で一塁から一気にホームイン
⑥二塁打の想定で二塁まで
⑦タイムリーヒットの想定で二塁から一気にホームイン
⑧三塁打の想定で三塁へ
⑨スクイズの想定でホームイン
⑩ランニングホームランの想定で一気にホームイン)(⑧のランニングホームランだけ10本)、
PM7:00、全員で円になってスクワット(超デカイ声を出して300回)、PM7:30、練習終了、入浴、PM8:30夜飯、PM9:30、個人練習(外で素振り・筋トレ等々)PM11:00就寝。
基本的に何かしらミスると、「殴られ&怒鳴られ&マラソン」のトリプルパンチでした。
これの繰り返しでしたね。
ちなみに学校が始まると、朝飯食ったあと寮から学校までの距離、約10kmをマラソン(勉強道具は野球部専用のバスで監督が学校に運ぶ)、授業が終わると学校から寮までマラソン(やはり勉強道具は野球部専用のバスで監督が寮に運ぶ)、PM2:00頃から練習開始。
ってな感じでしたかね。
自分達が引退する時の同期は結局20人しか残っていませんでした。
そういえば練習試合で10点差つけられて負けた時、「10点差×10=100周」とか言ってベースランニング(ランニングホームラン)を100周やらされた時もあったっけ(一周約110mなんで100周で11km)。
それと遠征先でも不甲斐ない試合をし、50km位の距離をマラソンで帰らされた事もありました。
でも甲子園には行けませんでした(涙)
色んな意味できつかったですわ~
監督はこの世で一番怖い人間だと思っていましたが、もう一度高校野球やりたいですよ~

質問した人からのコメント

2010/1/18 10:19:09

成功 すごく、大変そうですね。わざわざ、回答ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。