ここから本文です

青森・函館フリーきっぷの質問です。

mer********さん

2010/1/1114:33:53

青森・函館フリーきっぷの質問です。

上野駅から寝台特急あけぼの号にて秋田駅下車(改札口は出ず)、快速リゾートしらかみにて秋田駅から青森駅まで乗車した場合追加料金はどの程度になるのでしょうか?大人2人、子供2人(6歳小学校入学前、4歳)です。そしてもう一点、フリーきっぷの表示面に(本券は最初の下車駅まで有効)と記載してあるのですがにこの旅行の行程で函館まで行く場合(リゾートしらかみ乗車)青森駅で下車し(改札口出る)再び入場して白鳥号などで函館駅に行くことは可能でしょうか?

補足青森駅で改札口を出ない場合は、ゆき券を渡さずに函館まで可能ですか?

閲覧数:
584
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ef6********さん

編集あり2010/1/1116:16:05

1)リゾートしらかみに関して
乗車券は、経路外となる東能代→五所川原が必要です。おとな2,210円×2名分。大人同伴なので小学生入学前ならお2人分とも無賃で済みます。
但しリゾートしらかみの指定席をお子様にも用意してあげる場合は、こども運賃も必要です。お子様用には「青森・函館フリーきっぷ」は用意されていないんですよね?とすればお子様用の乗車券は秋田→五所川原が必要で、1,630円×2名分となります。

指定席券は、乗車区間である秋田→青森で必要です。おとな510円×2名分。お子様にも用意してあげるなら250円×2名分ですね。
リゾートしらかみには、2名ずつ並びの普通座席のほか、ボックスタイプの座席があります。ボックスといっても壁で仕切られており、ほぼ個室感覚で利用できます。駅の窓口で「ボックス席で」と申し込んでみてください。(ただし地元以外では発券に時間がかかるかもしれません)

2)フリーきっぷについて
フリー区間の最初の下車駅である青森駅で、「ゆき」券は回収されます。青森から函館に行くときは、「かえり券」を使うことになります。このきっぷで、フリー区間は何度でも自由に乗り降りできます。(自由席なら特急も使えます)
旅行自体の目的地が函館でも、きっぷの使い方としては、フリー区間に着くまでが「ゆき」それ以降は「かえり」ということです。が、ちゃんと乗れますから気にしなくても大丈夫ですよ(^^)

※「下車」とは有人駅では改札口を出ることを指します。あけぼの号を秋田で降りても、改札口は出ないということですから下車にはならず、そこで無効にはなりません。ただし、このきっぷは経路上の途中下車ができないので、仮に秋田で改札口を出れば、ゆき券はそこで無効になり回収されます。

※補足について
青森で改札口を出なければ、最初の下車駅は函館になりますから、ゆき券は函館まで…ということになります。が、ゆき券だろうとかえり券だろうと、乗れる列車はどちらも同じですよ。こだわる必要はありません。

よい旅を!

質問した人からのコメント

2010/1/11 16:28:03

成功 望んでいたような返信をいただきありがとうございました。とても助かりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hia********さん

2010/1/1115:09:16

秋田からフリーエリア内である五所川原までの運賃(大人3260円×2、子供は無料)と指定席料金(通常期510円か閑散期310円×4)の合計8560円もしくは7760円が必要です。

「本券は最初の下車駅まで有効」と記載されている「ゆき」券は秋田であけぼのを降りた段階で無効となります。前述の切符を別途用意して五所川原まで行けば(降りる必要はありません)後はフリーエリア内ですから「かえり」券が有効になります。青森駅で出る時は切符の枚数が多いので自動改札の横に立っている駅員さんに「かえり」券以外を全て渡します(かえり券は提示します)

函館へ行くのも当然可能です。以降、函館まで行くのも含め、東京に帰ってくる時まで「かえり」券がフリー切符となります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる