ここから本文です

キャッシュフロー計算書の作成方法について教えて下さい。

taikiharrierさん

2010/1/1321:30:54

キャッシュフロー計算書の作成方法について教えて下さい。

【現預金】
前期繰越 20,000 買掛金 130,000
売掛金 180,000 人件費 30,000
固定資産 5,000 販管費 32,000
役員借入金 5,000 短期借入 3,000
長期借入 6,050
未払法人税 8,000
次期繰越 950
合計 210,000 合計 210,000

【損益計算書】
売上高 200,000
売上原価 130,000
売上総利益 70,000
販管費 70,000
営業利益 5,000
支払利息 50
固定資産売却損 5,000
経常損失 5,050
税引前当期利益 5,050
法人税等 0
当期純損失 5,050

※期首商品棚卸 8,000
※期末商品棚卸 18,000
※前期末の売掛金 25,000
※前期末の買掛金 20,000
※当期減価償却費 8,000

●上記の条件にて、下記キャッシュフロー計算書を作成したいのですが、さっぱり分かりません。どなたか教えて頂けないでしょうか?
※2項目だけ数値を入れております。

【キャッシュフロー計算書】
税引前当期純損失 ▲5,050
減価償却費
支払利息
固定資産売却損
売上債権の増加額
仕入債務の増加額
棚卸資産の増加額
小計
利息等の支払額
法人税等の市支払額
営業活動によるキャッシュフロー
固定資産の売却による収入
投資活動によるキャッシュフロー
役員借入による収入
短期借入金返済支出 ▲3,000
長期借入金返済支出
財務活動によるキャッシュフロー
現金及び同等物の減少額
現金及び同等物の期首残高
現金及び同等物の期末残高

補足【現預金】
前期繰越 20,000― ―買掛金 130,000
売掛金 180,000 ――人件費 30,000
固定資産 5,000 ――販管費 32,000
役員借入金 5,000 ―短期借入 3,000
――――――― ――長期借入 6,050
――――――― ――未払法人税 8,000
――――――― ――次期繰越 950
合計 210,000 ―――合計 210,000

※すいません。上記の通りです(システム上きれいなバランスにならないみたいなので、空欄=『―』と記入しています。
上記は仕訳表(?)だと思います。何卒宜しくお願い致します。

閲覧数:
2,312
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/1/1603:00:53

回答ではなく質問ですが、上の【現預金】と書いてある部分は、試算表のことでしょうか。また、貸借が210,000とのことですが、どのように計算すればこうなるのでしょうか(借方項目を拾ってみると、売掛180,000+人件費30,000+販管費32,000=242,000になります)
なお、上記条件だけでは、総額で記載すべき投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローおよび納税額は分かりません。
キャッシュフロー表の作成には、期首期末の貸借対照表、当期損益計算書のほか、投資キャッシュフローに影響する固定資産や有価証券の増減、財務キャッシュフローに影響する長期借入金の増減は最低限必要です。

【補足について】
補足を付けていただいたので分かりました。【現預金】とは現預金のTフォームなので、借方は入金を、貸方は出金を表します。また、キャッシュフローの基本的な考え方は、【資産の増加】=【現預金の減少】、【負債の増加】=【現預金の増加】です。
しかし、問題文の設定がおかしいのでは?と考えられる箇所がありますので、これは?としました。

【キャッシュフロー計算書】
税引前当期純損失 ▲5,050
減価償却費 8,000(a)
支払利息 50(b)
固定資産売却損 5,000(b)
売上債権の増加額 ▲20,000(c)
仕入債務の増加額 ?
棚卸資産の増加額 ?
小計 ?
利息等の支払額 0(d)
法人税等の支払額 ▲8,000(d)
営業活動によるキャッシュフロー ?
固定資産の売却による収入 5,000(d)
投資活動によるキャッシュフロー 5,000
役員借入による収入 5,000(d)
短期借入金返済支出 ▲3,000
長期借入金返済支出 ▲6,050(d)
財務活動によるキャッシュフロー ▲4,050
現金及び同等物の減少額 ▲19,050
現金及び同等物の期首残高 20,000
現金及び同等物の期末残高 950

(a)※の条件より
(b)損益計算書より
(c)売上高200,000を、当期売掛金増加額とみなします。期末売掛金残高は、期首25,000+当期増加200,000-売掛金入金額180,000=45,000となります。従って、期首期末差額は45,000-25,000=20,000ですが、資産が増加しているため現預金はマイナスとなります。
(d)現預金のTフォームより
?について 期首在庫8,000、期末在庫18,000とのことですが、売上原価が130,000、買掛金支払額も130,000と同額となっています。が、そうすると、在庫増10,000の支払はどこから発生したか説明がつきません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

alan_flusserさん

2010/1/1409:38:12

他の回答者様もおっしゃっているとおり、正確なC/Fは、前期B/S、当期B/S、当期P/L、および補足資料(納税一覧、経過勘定科目明細、固定資産・有価証券増減表ほか)をもとにEXCELのワークシートで作成していきますので、ご提示された条件だけでは作成できないと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。